厚生年金「いくらもらえそう?」給与から目安が分かる早見表

copy URL

厚生年金の計算式

収入をあらわす基準として「平均標準報酬月額」と「平均標準報酬額」があります。

平均標準報酬月額は月給の平均額を意味し、平均標準報酬額は月給と賞与を合わせて12で割った額です。平成15年4月を境に給与の計算方法が変わったため、年金額の計算は以下のように分けて計算します。

(1)平成15年3月以前=平均標準報酬月額×7.125/1,000×平成15年3月以前の月数
(2)平成15年4月以後=平均標準報酬額×5.481/1,000×平成15年4月以後の月数
(1)+(2)=厚生年金の年金額(報酬比例部分)

※7.125や5.481という数字は生年月日ごとの乗率であり、ここでは昭和21(1946)年4月2日以降生まれの人の本来水準の乗率を使用しています。

正確な金額を出すためには、過去の給与や勤務期間をさかのぼって把握する必要があります。また、計算も複雑となるので、簡単に目安を知りたい人は筆者作成の「早見表」をご覧ください。

早見表の金額は平均標準報酬額のみを使って計算した概算です。目安を知るための参考としてご利用ください。

拡大する

※「厚生年金(報酬比例部分)の受給額早見表」筆者作成

上記は厚生年金の報酬比例部分の受給額なので、実際にはこれに基礎年金が加わります。

たとえば「厚生年金に40年加入し、その期間の平均給与が30万円だった場合」を考えてみましょう。

早見表をみると、報酬比例部分の受給額の目安は78万9000円です。基礎年金は満額(※)受給できますので、これらを足すと約157万円の年金額となります。

※令和3年度の国民年金(老齢基礎年金)の満額は78万900円(年額)です

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石倉 博子

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。趣味は読書とイラストを描くこと。Hatena Blog:お金の勉強をするブログ