無印良品のカレー「イチオシ」「ガッカリ」みんなの口コミ

写真はイメージです

copy URL

今年も暑い夏がやってきました。ただでさえ暑い時期なのに、不思議と食べたくなるのがスパイシーなカレーではないでしょうか。特に今は外食を控える状況なので、自宅でお店のクオリティが楽しめる本格派のレトルトカレーの需要が高まる予感です。

今回は、レトルトカレーの宝庫「無印良品」から販売されている商品で、推しのもの、イマイチだったものをママたちに聞いてみました。

あなどるなかれ、無印良品のカレー

幅広い生活雑貨や、最近では「家」まで販売している無印良品は、もはや日常生活には欠かせないブランド。「こういうの欲しかったんだよ!」という、かゆい所に手が届く商品の数々に、消費者からは絶大な信頼が寄せられています。

続きを読む

アパレルや生活雑貨のイメージが強い人には意外かもしれませんが、無印良品には40種類近いレトルトカレーが販売されているんです。

それも、インドやタイなどカレーの本場に出向いて研究を重ね、カレーの種類によって材料の刻み方や加熱の方法も変えるという手間暇がかけられた逸品。化学調味料や合成着色料、香料も不使用という点も好感が持てます。

パッケージには辛さの度合いが6段階で示されているので、好みに合わせて選べるのも嬉しいポイント。「辛くない」シリーズや「糖質10g以下」シリーズ、「小さめ」シリーズなど、バリエーションが豊富なので、一人で食べる用、夫用、子供用など、使い分けもしやすそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手メーカーに9年間勤務。営業・営業事務として働きながら、結婚、出産、育休復帰からのフルタイム勤務を経験。自由な働き方を求めライターに転向後、「くらしとお金の経済 LIMO」「moneliy(マネリー)」など複数のウェブメディアで執筆中。