50代を迎えると、家庭の貯蓄はどう変わるのか

Kostsov/shutterstock.com

copy URL

羽が生えたようにお金が飛んでいく時期、そして、貯蓄の成果が見えるとき。

そのタイミングは、ライフイベントの影響を受け、各家庭によって異なりますね。

とりわけ、働き盛りの40代から50代にかけては、住宅ローンの返済とお子さんの教育費の捻出が同時並行する世帯も多いでしょう。

今回は、総務省統計局が2021年5月に公表した、最新版の「家計調査報告(貯蓄・負債編)」をもとに、働き盛りの40代から50代世帯の貯蓄について深掘りしていきます。

続きを読む

40代~50代「貯蓄と負債」はどう動く?

総務省統計局が2021年5月18日に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2020年(令和2年)平均結果―(二人以上の世帯)」によると、二人以上世帯の貯蓄現在高の平均値は1791万円で、前年より36万円増えています。また、負債現在高の平均値は572万円で、前年より2万円増加しています。

では、ここから、40歳代・50歳代(二人以上世帯)の貯蓄・負債の平均にフォーカスしていきます。

40歳代世帯の貯蓄

  • 貯蓄現在高:1081 万円
  • 負債現在高:1231 万円 (うち「土地・住宅のための負債」:1152万円)

(年間収入:786万円)

50歳代世帯の貯蓄

  • 貯蓄現在高:1703万円
  • 負債現在高:699万円 (うち「土地・住宅のための負債」:620万円)

(年間収入:869万円)

40歳代、50歳代いずれの世帯の貯蓄額も、全体における平均値より低いです。とはいえ、「平均値との差」は、40歳代で710万円だったものが、50歳代では88万円まで縮まります。

※「40歳代・50歳代の負債の大部分を占める「土地・住宅のための負債」は、いわゆる「住宅ローン」ですね。

ここで、貯蓄平均から負債平均を差し引いた「純貯蓄額」を出してみましょう。

  • 40歳代…1081万円-1231万円=マイナス150万円
  • 50歳代…1703万円-699万円=プラス1004万円

40歳代ではマイナスだった純貯蓄額が、50歳代でプラス1000万円を超えていますね。

50歳代は、年収のピークを迎える人が多いことに加え、子育て費用や住宅ローンが落ち着き始める世帯が増える時期でもあります。この純貯蓄額の大幅な増加には、そんな背景があることも推測されるでしょう。

ここまで、40歳代・50歳代の貯蓄にまつわる「平均値」を軸にお話ししてきました。しかし、平均値は一部の極端な値(今回の場合は「お金持ち層」)の影響を受けて引き上げられる傾向があります。

そこで、次では「平均」からは見えない部分について、さらに詳しく見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。