【コロナ禍】結婚式「しない」が2倍に お金を使うのは「家具・家電」が増加

copy URL

結婚で一番お金を使ったのは、「結婚式」より「家具・家電」。

「結婚式」など“コト” 消費は減少する一方、「家具・家電」など“モノ” 消費が増加していることが、株式会社ネクストレベルが2021年6月18日に公表したアンケート調査でわかりました。調査によると、「結婚式」は “しない” という選択が増加しているといいます。

そこで今回は結婚に関するお金の使い方について、同調査をもとに解説していきます。そのうえで、結婚生活を支援する制度もあわせてみていきましょう。

続きを読む

一過性のイベントより「実用性重視」

「結婚に関するもので、一番多くお金を費やしたものを選んでください」という質問に対して、2019年以前と、2020年以降では傾向に大きな変化が見られました。

結婚で一番多くお金をかけたものは?

拡大する

【出典】株式会社ネクストレベル「コロナにより結婚に関する“お金の使い方”に変化!? 2020年前後に結婚した夫婦にアンケート調査」

2019年以前では約半数が「結婚式」に最もお金を使っていましたが、コロナ禍がはじまった2020年以降は33.3%となりました。

一方、家具・家電は2020年以降で28.9%となり、2019年以降から6.6ポイントの増加となりました。

家具・家電に最もお金をかけた人の意見をみてみましょう。

  • 緊急事態宣言などの影響で結婚式ができなかったため、家電にお金をかけました。(福岡県/25歳女性/2020年5月結婚)
  • 結婚式は行わず、あまりつける機会のない婚約指輪にお金を使う気になれなかったので、「キッチン家電をいいものにしたい」と夫に相談しました。ずっと使える物だし、気に入った家電を揃えられて満足です。(大阪府/30歳女性/2020年10月結婚)

コロナ禍の影響で、より実用性の高い「モノ」にお金をかける傾向が読み取れます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 齊藤 慧
  • 記者/編集者/元Webマーケター

中央大学法学部出身。大学卒業後、一部上場大手IT企業を経て、2013年からは厚生労働省の記者クラブにて、医療や介護などの社会保障を取り扱う専門紙の新聞記者として約3年勤務。主な取材先は厚生労働省や財務省などの関連省庁や国会議員など。高齢者の医療・介護保険の普及のために、難解な制度をわかりやすくまとめて発信。その後、GMOインターネットグループや弁護士ドットコム株式会社をはじめとする複数のIT企業にて、経営者向けメディア、バックオフィスや弁護士、税理士など士業向けの転職支援メディア、ITガジェット系のウェブメディアなどのオウンドメディアの立ち上げを経験。編集畑での10年以上のコンテンツ経験を活かすべく、現在はLIMO編集部所属。