50代で「貯蓄2000万~3000万円超」は何割か

copy URL

50代ですでに「貯蓄2000万~3000万円超」の世帯は何割?

ここからは、50代世帯の貯蓄額の分布を見ていきます。

実は各年代「貯蓄100万円以下の世帯」は一定の割合で存在しています。その一方、貯蓄「2000万円」「3000万円」を超える世帯もあります。

さきほどの「平均額」からは見えない部分ですね。そこで、50代の貯蓄現在高階級における世帯数(抽出率調整済実数)をまとめたグラフから、貯蓄額分布のイメージをつかんでいきます。

50代の貯蓄も二極化していますね。「100万円未満(9.7%)」と「4000万円以上(10.9%)」がほぼ同じ程度存在しています。

また、かつて話題となった「老後資金2000万円問題」にちなみ、50代でこの貯蓄額をクリアしている世帯の割合を見てみると…

「2000万円以上」世帯は28%、さらに「3000万円以上」世帯に絞ると16.6%です。

この割合を多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれです。なかには親族からの相続や贈与があったケースもあるでしょう。

とはいえ、現役時代の段階である程度の貯蓄があるという場合、それはリタイヤ後の生活に向けた安心材料の一つであることは、確かであるといえそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。