「年金額が、こんなに変わる」繰上げ・繰下げ受給

copy URL

「繰上げ・繰下げ受給」を選ぶ人の割合は?

では、実際に繰上げ・繰下げ受給をしている人はどのくらいいるのでしょうか。厚生労働省「令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに、繰上げ・繰下げ受給を選んだ人の割合をみていきます。

新法厚生年金保険(老齢厚生年金)受給権者の繰上げ・繰下げ受給状況

繰上げ…0.4%
本来(65歳)…98.8%
繰下げ…0.8%

国民年金 受給権者の繰上げ・繰下げ受給状況

繰上げ…12.3%
本来(65歳)…86.3%
繰下げ…1.5%

※旧法老齢年金(5年年金を除く)・旧法通算老齢年金の受給権者と新法老齢基礎年金の受給権者を対象

受給権者のうち、厚生年金の場合は0.4%、国民年金の場合は12.3%の人が繰上げ受給の申請を選んでいるようです。

なお、繰下げ受給を選んでいる人は、厚生年金・国民年金ともにほんのわずかで、全体の1%前後にとどまります。

受給開始までの生活を考えたとき、繰下げ受給はなかなか選びにくい……というのが多くの人の本音かもしれませんね。

ちなみに、国民年金のほうが繰上げ受給の割合が高い背景として、厚生年金加入者の中には定年退職金としてまとまった老後資金が入る人が多いことが考えられそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。