「みんな、どのくらいもらってる?」【国民年金・厚生年金】

copy URL

「老後に必要なお金」を計算してみる。

老後資金の準備を考えたとき、毎月いくら貯金や運用に回せそうか、と、家計簿とにらめっこされる方もいらっしゃるでしょう。

そこでいったん、視点を移し、「ご自身が、どのくらい老後にお金が必要となりそうか」を計算してみることをおすすめします。

老後の支出予想を出してみることは、家計管理や貯蓄ペースの見直し、さらにはご自身に合った資産運用のスタイルを見つけるための、大きな助けとなるでしょう。

元気で長寿をまっとうできたらそれは嬉しいことです。しかし年を重ねると「健康面の不安と隣り合わせ」となる可能性は、誰にでもあります。

「このくらい貯金があれば大丈夫だろう」「退職金が出るから安心だ」といった予想をはるかに超える、まとまったお金が必要となることも考えられるでしょう。

ポートフォリオに資産運用を上手に組み入れていくことで、老後に向けた資金形成をより効率的に進めていくことが期待できます。

「ゆとりある老後を過ごしたい」「介護費用で家族に迷惑をかけたくない」

など、老後への想いは人それぞれでしょう。その願いをかなえるためのはじめの一歩を、「お金のプロ」と一緒に踏み出してみませんか?

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。