還暦60代「老後はこれから」みんな、いくら貯金しているか

Africa Studio/shutterstock.com

還暦60代、これから先の人生について考えたことがない、という人はほぼいらっしゃらないでしょう。

「定年後は仕事をどうするか」「受け取る退職金の金額や運用方法も考えておきたい・・・・・・」

お金のこと、健康のこと、そして老後のライフスタイルのことなど、差し迫って考えなければいけないことは山積みです。

私は以前生命保険会社に勤務しており、マネーセミナーの講師やマネープランニングのアドバイザーとして、約1000人以上のお客様のお金のご相談を受けてきました。

続きを読む

60代のみなさんの場合、「老後に向けて家計を見直したい」というご質問や、「今ある手元資金をじょうずに増やしたい」という資産運用に関するご相談が多かったように思います。

そこで今回は、これからセカンドライフを迎える方も多い60代のみなさんが、どのくらい貯金を準備されているのかを見ていきながら、「老後の資金」を増やしていく方法について考えていきます。

還暦60代「みんな、いくら貯金しているか」

さっそく、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(令和2年(2020年))」をもとに、60代・二人以上世帯の貯蓄額から確認していきましょう。

60代・二人以上世帯「金融資産保有額」

(金融資産を保有していない世帯を含む)

平均・・・1745万円
中央値・・・875万円

ここで平均と中央値についてふれておきますが、中央値は貯蓄額が少ない順、あるいは多い順に並べたときに全体の真ん中にくる人の金額をいいます。

それに対し、平均は、一部の極端に貯蓄が多い人の数値に引っ張られて、数値が大きくなる特徴があるため、平均値より中央値を参考にしていただくと良いかと思います。

中央値では875万円という貯金額となっていますので、これから老後をむかえる60代としては非常に不安の残る金額といえるかもしれませんね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。