日経平均は28,000円を挟んで乱高下、気になる先週のビットコイン急落

【日経平均株価】テクニカル分析 2021年5月23日

copy URL

日経平均は米株やビットコインの動きに連られて振られる

2021年5月21日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より219円58銭高の28,317円83銭でした。前日に米株式相場が上昇したことを受けて日本株も買われました。

先週は暗号資産(仮想通貨)の動向に国内外の株式相場が振られました。まず、中国政府がビットコインに関する規制を強化する方針を発表したことから、価格が一時、約3割下落しました。

また米政府は20日、1万ドル(約109万円)を超える仮想通貨の送金について内国歳入庁(IRS)に報告を義務付けると発表。脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の監視を強化する狙いがあるようです。なお、急落したビットコインはいったん値を戻したものの、週末にまた下降しています。

続きを読む

今週の動きはどうなるでしょうか。21日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比123ドル69セント高の34,207ドル84セントで終えています。週初から日本株も底堅い動きになることが期待されます。

ただ、その後は不安定な動きになるかもしれません。米株、日本株はともに、株高傾向が続いている一方で、さまざまなことがきっかけとなって急に下落するような動きが続き、足元では乱高下となっています。一方で、ある程度下がると押し目買いも入りやすくなっています。

一つ不安なのは、そろそろ米連邦準備理事会(FRB)が資産購入の縮小(テーパリング)を行うのではないかという点です。金融緩和から引き締めに移ると投資家の心理が後退し、株価が下落することになります。

また注意すべきは、暗号資産の値動きは株価に先行するということです。先週のビットコインの下落が、株式相場の先行きを示しているという声もあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。