【年齢層別】国民年金・厚生年金「みんなの年金受給額」

~老後の生活、いくら必要?~

NotionPic/shutterstock.com

長引くコロナ禍。先行きの見通しが立ちにくい今、はたらき盛りの現役世代の多くが、将来に対する漠然とした不安を抱えているはずです。

還暦過ぎの生活についても「年金だけで悠々自適に暮らそう」という発想から、「公的年金だけでは不安…。老後資金はしっかり貯めておこう」「元気なうちは働き続けよう」という発想にシフトする傾向があるように思えますね。

そこで、すでに年金生活に入っているシニア世代のみなさんの「お金事情」をちょっと覗いてみましょう。年金をどのくらいもらっているのか、生活費はどのくらい必要なのか…。

続きを読む

筆者を含めた現役世代のみんなが、ちょっと知りたい「老後の暮らし」。いまの、リアルなすがたを数字で見ていきます。

【年齢層別】国民年金・厚生年金「みんな、どのくらいもらってる?」

さいしょに、60代以上の年金の受給額を、厚生労働省の「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業の概況(2019年度)」から抜粋していきます。今回は、年齢層ごとの平均年金月額をとりあげます。

国民年金の平均年金月額

60~64歳:4万2023円
65~69歳:5万7108円
70~74歳:5万6697円
75~79歳:5万5922円
80~84歳:5万6572円
85~89歳:5万5175円
90歳以上:4万9232円

厚生年金の平均年金月額

60~64歳:8万1279円
65~69歳:14万2764円
70~74歳:14万6421円
75~79歳:15万1963円
80~84歳:16万575円
85~89歳:16万3489円
90歳以上:16万1044円

※厚生年金の金額は国民年金の年金月額を含みます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。