断捨離なしで部屋スッキリ! クラウド収納サービスを使ってみた

変異株の広がりによって、まだまだ収束の見通しが立たない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。長引くおうち時間を少しでも有効活用しようと、断捨離をした人も多いのではないでしょうか。

リユースショップなどを展開する株式会社ゲオホールディングスが今年2月に行った「断捨離に関するアンケート調査」によると、今まで断捨離をしたことがある人のうち、35.7%がコロナ禍に断捨離を始めたのだとか。

実は筆者も断捨離をやってみたのですが、その際に扱いに困ったものがありました。それはどうしても捨てられない荷物です。

続きを読む

筆者の家族は洋服が大好きで、年に1回着るかどうかのコートやセーター、色違いで何枚も持っているTシャツなどが大量にあり、収納を圧迫していました。

何年も着ていない服も多いため処分したらどうかと提案したのですが、どれもお気に入りで思い入れもあるので処分できないと言うのです…。それで困っていたときに、「クラウド収納サービス」というサービスを知人から教えてもらいました。

筆者はすでに2回ほど利用しているので、どのようなサービスなのか、何が便利かをご紹介します。「捨てられない荷物がいっぱいあって断捨離なんてできない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウド収納サービスとは?

筆者はそれまで「クラウド収納サービス」というものがあることを知らなかったのですが、皆さんはご存じでしたか?

クラウド収納サービスとは、ダンボールや業者指定のBOXに荷物を詰めて送るだけで、荷物を預かってもらえるサービスです。預け入れできる荷物の種類は業者によって異なりますが、なかには大型家具まで預かってもらえるサービスもあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

約10年間セラピストとして活動後、IT企業にてチームリーダーや総務、人事等を経験して独立。現在はライター/コラムニストとして、お金に関する記事を中心に、求人関連、医療関連等、多ジャンルの記事を執筆している。難しいお金の話をわかりやすく伝えることを心がけつつ、「くらしとお金の経済メディア LIMO」など複数のメディアに寄稿中。