還暦60代の平均いくら?「年金・貯蓄」と老後のお金

copy URL

「老後のお金」を考える

では、さきほどの「毎月7万5000円」の赤字分を、貯蓄の取り崩しで補っていくことを想定して、必要な額を単純計算してみましょう。

1年間に必要な額は…7万5000円×12カ月=90万円

となります。

この計算で、仮に100歳まで生きた場合に必要となるお金は3000万円を軽く超えます。

それまでのライフスタイルや家族構成、健康状態などには個人差がありますので、ひと月の生活に必要な金額も、世帯ごとに違います。とはいえ、数千万円という金額を簡単に準備できる家庭はごくごくわずかな存在でしょう。

紋切り型の表現にはなりますが「若い頃からの貯蓄の積み重ね」がモノをいう訳ですね。

60歳以降も、「貯めて・増やす」意識を

若い世代のみなさんが「老後のお金」と聞いても、すぐにピンと来ないかもしれませんね。「年金と定年退職金があればどうにかなるのでは?」と構えている人もいるでしょう。

私たちの老後は、祖父母や親の世代のそれよりも長くなる可能性が高いといえるでしょう。よってこれからの時代は、老後もお金を「育てながら切り崩していく」という発想が必要になりそうです。

そして、その準備は、できるだけ早い段階でスタートされることをお勧めします。なぜなら・・・

資産運用は、運用期間が長くなればなるほどリスクが軽減し、リターンが安定してくるためです。利子が利子を生む「複利の効果」で、雪だるま式に資産を増やしていくことに繋がります。若い頃から「少額でもコツコツ積み立てていく」ことには、とても大きな意味があります。

とはいえ、なかには、還暦を過ぎてから「定年退職金をじょうずに運用していきたい」などと考えるご家庭もあるでしょう。そんな場合は、まずはお金のプロフェッショナルに相談されることをお勧めします。

「老後のお金」の悩みごとには、信頼できるアドバイザーとともに二人三脚で取り組まれると心強いでしょう。老後の資産運用の「最善手」を見つけるきっかけとなるかもしれません。

マネイロセミナー

【ご参考】貯蓄とは

総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。