【ケンタッキー】3日間限定「母の日バーレル」お手軽パーティーにピッタリ

本格的なチキンが家庭でも手軽に食べられるため、日本でも長い間親しまれ続けているケンタッキーフライドチキン。そんなケンタッキーのイメージとして多くの人が思い浮かべるのが、バケツ型の「バーレル」と呼ばれる容器ではないでしょうか。

パーディー気分を盛り上げてくれるケンタッキーのバーレル。クリスマスなどが有名ですが、実は3日間限定の「母の日バーレル」と呼ばれる商品が存在します。5月7日(金)から9日(日)までの母の日を豪華にしてくれるこちらの限定メニュー、現在予約がスタートしたところで、早くも注目が集まっています。

*********************

日本KFCホールディングス株式会社は、日本で「ケンタッキーフライドチキン」を運営する企業で、昨年創業50周年を迎えました。

日本KFCホールディングス株式会社が令和3年2月に発表した「2021年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」によると、2021年3月期の第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は684億8000万円(対前年同四半期12.5%増)、営業利益は57億4500万円(同35.0%増)と増収増益となりました。強みであるテイクアウトやドライブスルー、デリバリーの強化が売上アップのけん引役となったようです。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束時期の目途が立たないことなどの影響をまだ受けつつあるようですが、ケンタッキーではキャッシュレス決済の拡充を図るなど、今後も時代や顧客ニーズに合わせて店舗の運営をしていきつつ、引き続き安全で安心な「食」の提供を目指していくとのこと。また、第3四半期連結累計期間において17店舗(直営1店舗・フランチャイズ16店舗)を出店した結果、店舗数は1140店舗となりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

ファッションメディアの編集者として15年キャリアを積む。国内外のファッションウィーク「Paris」「NY」 「London」「Sydney」「Tokyo」で取材や撮影も行う。現在、トレンドを先読みする視点を活かし、ファッションやライフスタイルのメディアで編集者として活躍する。