70代の年金額と貯金額。老後にお金はいくら必要か

NaumovaMarina/shutterstock.com

2020年度版の「厚生労働白書」によると、2040年の日本では65歳男性の約4割が90歳まで、65歳女性の2割が100歳まで生きると考えられています。

「人生100年時代」はどうやら机上の空論ではなさそうですね。私たちの老後は、想像以上に長くなる可能性があります。

「我が家の老後資金は大丈夫なのか…」そんな不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

今回は、『70代の年金額と貯金額。老後にお金はいくら必要か』と題して、セカンドライフに向けた備えについて考えていきます。

続きを読む

現在の70代の貯蓄額は

はじめに、現在の70代がどのくらいの貯蓄を保有しているのかをみていきましょう。

金融広報中央委員会が2021年2月に公表した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 令和2年(2020)調査結果」を参考にします。

まず、二人以上世帯の金融資産保有額は平均1436万円(中央値650万円)、借入金残高は671万円(中央値0万円)です。
※金融資産保有額は20代~70代以上のすべての世代。金融資産非保有世帯を含む。
※借入金残高は「借入金有無回答世帯」のみ

これを「70歳以上」に絞ってみると、金融資産保有額は1786万円(中央値1000万円)。内訳のうち、もっとも多い定期性預貯金は700万円を超えています。

70歳以上の金融資産保有額

金融資産非保有世帯を含む。【 】内は60歳代の金額

預貯金(うち運用または将来の備え):921万【959万円】

  • うち定期性預貯金:723万円【585万円】

金銭信託:4万円【5万円】
生命保険:333万円【286万円】
損害保険:49万円【39万円】
個人年金保険:65万円【134万円】
債権:35万円【45万円】
株式:226万円【144万円】
投資信託:129万円【96万円】
財形貯蓄:14万円【27万円】
その他金融商品:9万円【11万円】

合計:1786万円【1745万円】

いまの60歳代と70歳以上の金融資産保有額は、大差はみられません。

この数字だけで単純比較することはできませんが、これまでの貯蓄を大きく取り崩さなくても、年金収入などで生活費をまかなえている人が多いであろう、ということは推測できそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。