70代以上の貯蓄額「ゼロ」と「3000万円以上」の割合

releon8211/shutterstock

2021年2月に金融広報中央委員会が公表した最新版(2020年)「家計の金融行動に関する世論調査」によると、単身世帯・二人以上世帯ともに、前年調査と比べて、貯蓄額の増加や貯蓄ゼロ世帯の割合の減少がみられる結果となりました。

長期化するコロナ禍で、外食やレジャー費が大幅に減ったことがその背景にあることは確かでしょう。

また、先行きの見通しが立ちづらい中、家計の見直しや節約への意識がより一層高まった家庭が多いであろうことを垣間見せる結果であるともいえそうです。

続きを読む

70代以上の世帯も例外ではなく、2019年度には平均1314万円(中央値460万円)だった貯蓄額が、今回の調査では平均1786万円(中央値1000万円)まで上昇しています。

とはいえ、「どのくらいの割合の人が、どのくらいの貯蓄を持っているか」は、平均や中央値だけでは見えない部分であるといえるでしょう。

そこで今回は、『70代以上の貯蓄額「ゼロ」と「3000万円以上」の割合』と題して、70歳以上世帯の貯蓄事情について深掘りしていきます。

金融広報中央委員会が公表した、最新版「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」を参考にしていきます。

70代以上の貯蓄額はどのくらいなのか

さいしょに、同調査から、70代以上の金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)について確認していきます。

70代以上の金融資産保有額【二人以上世帯】

  • 平均値:1786万円
  • 中央値:1000万円

リタイヤ後の生活を送る方が大多数である70代以上の貯蓄額は、平均値で1786万円、中央値で1000万円という結果に。

※平均値は一部の「お金持ち層」によって引き上げられるため、中央値を参考にされると「実感」により近いでしょう。

 

さて、冒頭でも触れたとおり、「どのくらいの割合の人が、どのくらいの貯蓄を持っているか」は、平均や中央値だけでは見えない部分といえます。

次では、70歳以上・二人以上世帯の「金融資産保有金額」の分布を、金額ゾーンごとにみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。