会社員の退職金はいくらもらえるのか?企業規模で支給額に差

Nataba/iStock

「老後資金」と聞くと年金、そして退職金を思い浮かべる人も多いと思います。

「退職金が入ったらローンの返済にまわそう」

「退職金専用の定期預金は金利が良いらしい」などなど、

退職金をもらうのは楽しみでもあり、世間の関心事でもありますよね。

いちばん気になるのは退職金の額です。

私は、大学卒業からこれまで資産形成のアドバイザーとして多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当してきました。

今回は、老後の生活費を考える上で欠かせない「退職金」について見ていきたいと思います。

続きを読む

勤続年数・学歴別の退職金はいくらか

まずは、日本経済団体連合会の「退職金・年金に関する実態調査結果(2018年9月度)」より、学歴と勤続年数別に標準者退職金(学校卒業後に直ちに入社し、その後標準的に昇進・昇格した者を対象に算出)を見ていきます。

標準者退職金の支給額(会社都合)

<大学卒(総合職)の場合>

  • 1年目:24万9000円
  • 5年目:126万7000円
  • 10年目:307万9000円
  • 20年目:809万4000円
  • 30年目:1629万8000円
  • 35年目:2038万1000円
  • 38年目(60歳):2255万8000円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。