主婦が「自宅でパン教室」のプチ起業。続けられる秘訣は何か

近ごろ何かと話題の多い卓球女子元日本代表の福原愛さん。実は今年1月に会社を設立した起業家でもあります。これまでアスリートとしてつちかった経験や人脈を生かして、社会貢献につながる活動を計画しているそうです。

そんな有名人のように、大々的な「起業」とまではいかないものの、一般の主婦にも得意なことを活かしてお金を稼ぐ道はあります。

今回は、子育てのかたわら、得意なことを活かして教室を開催している主婦の話をご紹介。主婦の働き方の可能性について考えていきます!

続きを読む

まさか、仕事になるとは思っていなかった

今回お話を聞かせていただいたのは、Yさん(43歳、3児の母)。都市部からもアクセスのよい団地内の自宅で、パン教室を開催しています。

「母の趣味がパンや焼き菓子を作ることだったので、幼いころからパンを焼くのは好きでした。けど、ただの趣味でしかありませんでした。理系だったので、工業高校で設計を学んだあと、建築事務所で働いていましたが、結婚後、妊娠と同時に退職。家にいる時間が増えたので趣味だったパン作りを再開したんです」

パン作りを続けているうちに、本格的に学びたい気持ちが湧いてきたYさん。

「子供が幼稚園に入ったタイミングでパン作りを学べる専門学校に1年通って、基礎から学びました。そこで開業という道もあることを知り、せっかくならやってみようかな、という感じでパン教室を始めることになったんです」

学歴やキャリアからは、パン教室を開く自分を予想できなかったというYさん。大人になってから改めて自分の好きなことに向き合ったとき、ふと新たな道がひらけることもあるものですね。

パン教室の運営、ってどんな感じ?

専門学校を卒業後、最初はママ友に声をかけて自宅に集まってもらい、ワンコインでパン作りのレッスンをしていたそう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手メーカーに9年間勤務。営業・営業事務として働きながら、結婚、出産、育休復帰からのフルタイム勤務を経験。自由な働き方を求めライターに転向後、「くらしとお金の経済 LIMO」「moneliy(マネリー)」など複数のウェブメディアで執筆中。