低年金・無年金で「子どもの世話になりたくない」人へ

低年金・無年金となる背景

ここからは、年金受給額が少ない「低年金」や、年金をもらえない「無年金」となってしまう原因をいくつか挙げていきましょう。

「受給資格期間が足りない」

ここで、改めて受給資格期間に関する年金制度を確認しておきましょう。

「2階建て」の年金制度のうち、1階部分にあたる『老齢基礎年金』は、保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が10年以上である場合、65歳になった時点で受け取ることができます。

保険料納付済期間と保険料免除期間の合計が10年に満たない場合は、合算対象期間(※2)を加えて10年以上になれば、この場合も受給が可能となります。

この資格期間を満たしていない場合に、年金が支給されない『無年金』になります。

2017年7月31日までは、この資格期間は「25年」でしたので、現在は支給条件が大幅に緩和されているという一面も。とはいえ、事前に自分自身の納付状況を確認しておくと安心です。

(※2)合算対象期間
「昭和61年(1986年)4月1日以降の期間」「昭和36年(1961年)4月1日から昭和61年3月31日までの期間」「昭和36年(1961年)3月31日以前の期間」それぞれにおいて、指定の条件に当てはまっていた場合。→条件の詳細は日本年金機構ホームページ『合算対象期間』をご参照ください。

うっかりミスが招く「不整合記録問題」

無年金や低年金のもう1つの原因に、『不整合記録問題(※3)(※4)』があります。
不整合記録問題とは?

『第3号被保険者』であった人が、

  • 「基準額以上の収入を得るようになった」
  • 「独立してフリーランスや自営業になった」
  • 「配偶者が会社員(第2号被保険者)ではなくなった」

といった理由で『第1号被保険者』となった場合は、「国民年金保険料」の支払いをする必要があります。

その届け出を忘れて、『第3号被保険者』の“ままのつもり”で年金保険料の支払いをしなかったことで、年金保険料の未納期間が発生したとみなされてしまいます。

(※3)日本年金機構「3号不整合記録問題とは何ですか。
(※4)政府広報オンライン「知っておきたい「年金」の手続

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。