低年金・無年金で「子どもの世話になりたくない」人へ

Artisticco/shutterstock.com

私たちの多くにとって、老後の生活を支える柱となるのはまず公的年金といえるでしょう。

「老後、子どもにお金の世話をしてもらおうとは思っていない」

リタイヤ後の生活は、ご自身の年金と貯蓄でやりくりしていく、という方が多数派かな、とは思います。

ただし、中にはご自身の老齢年金だけでは生活が難しく、子ども世帯に援助をしてもらっている、というご高齢の世帯もいらっしゃるでしょう。

子どもの側にも、「老齢の親の年金受給額が、思いのほかに少なかった」「将来的には、自分が親にお金の援助をすることになるかと思う」といった心配ごとを持つ人も。

続きを読む

では、このような「低年金・無年金」はどうして起こるのでしょうか。その原因と対策を追っていきます。

みんなは年金をどのくらいもらっているのか。

現役世代の中には、将来受け取る年金額がどのくらいなのか想像もつかない、という方も少なくないでしょう。

そこで、まずは厚生労働省の「令和元年(2019)度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」をもとに、現在の年金事情をのぞいてみましょう。

このデータによると、厚生年金に加入している人の平均年金月額は、全体で14万4268円(うち男性が16万4770円、女性が10万3159円)となっています。

また、国民年金に加入している人、もしくは専業主婦(主夫)がもらえる平均年金月額は全体で5万5946円(うち男性が5万8666円、女性が5万3699円)でした。

では、ここで厚生年金、国民年金それぞれ、どのくらいの金額をもらっている人が、どのくらいいるのか、を見ていきたいと思います。

厚生年金保険(第1号)(※1)と、国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)の受給権者数の分布をみていきます。

厚生年金保険(第1号)老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)

  • 5万円未満       … 46万6077人(2.92%)
  • 5万円以上10万円未満 … 331万8045人(20.75%)
  • 10万円以上15万円未満 … 479万6376人(30.00%)
  • 15万円以上20万円未満 … 478万2847人(29.92%)
  • 20万円以上25万円未満 … 231万2667人(14.47%)
  • 25万円以上30万円未満 … 29万2942人(1.83%)
  • 30万円以上      … 1万8005人(0.11%)

国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)

  • 1万円未満…7万8940人(0.24%)
  • 1万円以上2万円未満…30万5498人(0.93%)
  • 2万円以上3万円未満…96万2046 人(2.92%)
  • 3万円以上4万円未満…297万367人(9.00%)
  • 4万円以上5万円未満…470万5988人(14.26%)
  • 5万円以上6万円未満…766万5866人(23.24%)
  • 6万円以上7万円未満…1448万1778人(43.89%)
  • 7万円以上…182万1629人(5.52%)

厚生年金・国民年金、いずれの場合も平均年金月額から離れたゾーンに該当している人が一定数存在します。

なかには、厚生年金が5万円未満、国民年金が3万円未満というケースも。このように、生活を成り立たせるために十分な収入とはいえない、いわゆる「低年金」の人も一定数いるのが現状なのです。

(※1)厚生年金(第1号):厚生年金保険の被保険者のうち、民間の事業所に使用される者。(企業年金連合会HPより

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。