収入が増えるほど、自然に「ムダな出費」が減る理由

fizkes/shutterstock.com

――収入が増えるほど、ムダな出費は自然に減って結果的に資産は増える

こう聞くと、「むしろ、収入が増えると欲しい物が自由に買えるので出費は増えるのでは?」と感じるかもしれません。また、世の中には高収入になったことで、稼ぐ以上にお金を使いすぎて身を滅ぼすケースもありますから、必ずしも今回の話は万人に当てはまりません。しかし、個人的な感覚値でいえば、このケースが当てはまる人も決して少なくないと感じます。

筆者は富豪などではありませんし、収入の多寡でその人の価値が決まるといった思考の持ち主ではありません。一応、起業・投資をしたことで会社員時代の10倍程度の収入を得ることができましたから、収入が「低い→高い」という変化をした経験があります。今回はこの経験から、「なぜ収入が増えると、ムダな支出が減るのか」について論理的にその理由を考えたいと思います。

続きを読む

お金がないほど増えてしまう消費

筆者はお金のない駆け出し社会人の頃に「見栄由来の出費は意外と多い」と感じていました。

アラサーで就活スーツを着て会社で働いていたところ、「年相応の物を着ないと恥をかくよ」と揶揄された経験があります。また、日雇い労働者が住むエリアとして有名な安い地域に住んでいたのですが、「そこって○×事件があったところだよね?」「セキュリティ大丈夫なの?」など、人から言われることに強いコンプレックスを感じていました(その後、引っ越しをしました)。

「他人からバカにされたくない」という思いから、背伸びをして自分をよく見せようとすることで、本来は必要のない出費が生まれてしまうのです。

SNSでは、高級ブランド品や高級ホテルで充実した時を過ごす様子をせっせと投稿して「キラキラPR」する人がいます。本人が心から充実しているならまったく問題はないのですが、時に「PRそのものが目的化」しているケースもあります。

生活費の捻出に苦しんでいるのに、ハイエンドスマートフォンや高級ブランド品を買って見せびらかすようなケースです。本来は不要な出費をしていることになりますから、見栄はコスト高な生き方ということができるでしょう。

また、見栄の消費で得られる充実感は、まさしく「一瞬」だけです。「いいね!」がつく心地よさはすぐに消えます。また、褒めてくれた相手も、翌日にはすっかり忘れています。下手をすると「なんだよ。自慢か」と相手から反感を買ってしまうことも少なくないでしょう。

世の中で最もムダな消費の1つは「見栄消費」であるにも関わらず、皮肉なことにお金がないとこの見栄を張りたくなるのではないでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
黒坂 岳央
  • 黒坂 岳央
  • 高級フルーツギフトショップ「水菓子 肥後庵」代表
  • 起業家/投資家/ジャーナリスト

関西外国語大学入学、在学中にシカゴDePaul Universityへ留学し会計学を専攻。大学卒業後、ブルームバーグLP、株式会社セブン&アイネットメディア、株式会社コカ・コーラボトラーズジャパン勤務を経て、熊本の三ッ星フルーツギフト「水菓子 肥後庵」を起業。ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!