純正品よりも良い?安価で高品質な社外「カー用品」3選

NDAB Creativity/shutterstock.com

新生活に向けて車を新たに購入する人、買い替える人もいるでしょう。車を購入した時や車内の装備を新しくしたいときに、多くの方がオプションパーツを購入するかと思います。

車のオプションパーツは様々ありますが、実はディーラー以外のお店でも純正品以外の部品をカー用品として購入し、取り付けたりすることができるだけでなく、品質も純正品と同等以上のものもあります。

そこで今回は、こういった純正品以外のカー用品やオプションパーツの代表的なものたちを3種類ご紹介していきます。

続きを読む

機種によっては高性能になる「カーナビ」

最近の車はオーディオと兼用でカーナビを取り付けるという人が大半だと思いますが、車の購入時はメーカー純正品としてオプションカタログに掲載されているカーナビを選択するのではないでしょうか。

実は純正オプションのカーナビは、カー用品店などで市販されているカーナビのメーカーと共同開発という形でラインアップされているため、純正品以外のカーナビでも代用が可能なのです。

純正品と社外ナビの大きな違いは、「専用設計されているかどうか」という点です。しかし最近の社外ナビでは「車種専用設計」という形のものも多くラインアップされているので、純正と同等の装着感で搭載することもできます。

純正品は保障内であればディーラーで無償修理を受けることができるため、やや高めの価格設定をされているものがほとんどです。カー用品店などで購入するモデルにも追加料金を支払えば保証を付けることもできます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身も2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)資格を保有。記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。Twitter:宇野源一(げんげん)