【業スーマニア】本気でリピ買いする「冷凍加工品」総選挙TOP10

主婦の間で大人気の業務スーパー。特に「冷凍食品がお得」といわれています。とはいえ、あまり慣れない人がお店にいくと品ぞろえが多すぎて何を選んでいいのか…筆者は初めて来店した際、戸惑ったのを覚えています。

そんな、業スー初心者さんも必見!このたび、業務スーパーでは20周年を記念して「業スー総選挙」をおこないました。

今回は、業スーマニアに選ばれた「ファンが本気でリピートするおすすめ冷凍加工品ベスト10」をご紹介していきます。

業務スーパーを運営している「神戸物産」

業務スーパーは株式会社神戸物産が運営するディスカウントスーパーです。神戸物産グループの製販一体体制を基盤とし、オリジナル商品を多数販売しています。「エブリデイロープライス」をコンセプトにしているため、いつ来店しても安心してベストプライスで買い物をすることができると評判です。

株式会社神戸物産が2020年12月に発表した「2020年10月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」によりますと、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行の影響により、他業種間での食品の取り扱いの競争環境は激化しています。そんな中、神戸物産では「食の製販一体体制」のさらなる強化を目標にかかげ競争力を高めているとのこと。

コロナ禍の影響で不振になる企業が多い中、神戸物産の当連結会計年度の成績は売上高3408億7000万円(前年同期比13.8% 増)、営業利益は238億5100万円(同24.0%増)となりました。また、業務スーパーはこの間に34店舗純増した結果、総店舗数が879店舗に。

業務スーパー単体の当連結会計年度の売上高は3201億1000万円(同21.1%増)となるなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止による外食の自粛の影響なども加わり、好調が続いているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学卒業後、日用品メーカーに勤務。宣伝・広報部門を担当し、 商品の魅力を伝える仕事を経験。 パブリシティ活動を中心としたテレビ・雑誌メディア媒体の対応を担当。現在もトレンドを取り入れた情報発信をおこなう。また、官公庁や一般企業にて経済系部署での事務補助、奨学金事務などを経験。その後、結婚・出産を機に2児の母ライターに。その経験を活かし、教育や進学のお金にまつわる記事や、家事・育児に関する気になる話題を中心に執筆。子育てでは「3歳までに1万冊」の読み聞かせ育児を取り入れるなど、あらゆる角度から家庭学習への取り組みを実践中。