ニューヨーカーが今いちばん読んでいるビジネス書は?(2021年1月調べ)

米書店バーンズ&ノーブルのビジネス書売れ筋トップ10

この記事では、某商社ニューヨークオフィスに勤務するビジネス書大好き人間が、日々通う書店のビジネス書コーナーで感じたことをお話ししていきます。

2月といえば、先日はバレンタインデーでしたよね。日本では、「女性が男性にチョコレートを渡す」というのが一般的ですが、アメリカでは「親愛の情を伝える日」とされ、恋人のためにディナーをセッティングしたり、友人とパーティをしたりと、その過ごし方はさまざまです。バレンタインデーに限りませんが、みなさんもぜひ、親愛の気持ちを込めて「大切な人」に感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

それでは、先月のランキングを見ていきましょう。

バーンズ&ノーブル(BARNES & NOBLE)の1月のビジネス書売れ筋ランキング

※ 順位/タイトル/邦題(翻訳書がないものは編集部で独自に訳した仮題)/著者

1.Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money That the Poor and Middle Class Do Not!/(邦題)金持ち父さん貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学(筑摩書房)/著:ロバート・キヨサキ

2.Evil Geniuses: The Unmaking of America: A Recent History/(仮題)邪悪な天才たち:アメリカが歪められてきた近年の歴史/著:カート・アンダーセン

3.The 48 Laws of Power/(邦題)権力に翻弄されないための48の法則 上・下(パンローリング)/著:ロバート・グリーン

4.Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones/(邦題)ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣(パンローリング)/著:ジェームズ・クリアー

5.How to Win Friends and Influence People/(邦題)人を動かす(創元社)/著:デール・カーネギー

6.Disloyal: A Memoir: The True Story of the Former Personal Attorney to President Donald J. Trump/(仮題)不誠実:回想録:ドナルド・J・トランプ大統領の元個人弁護士による真実のストーリー/著:マイケル・コーエン

7.Too Much and Never Enough: How My Family Created the World's Most Dangerous Man/(邦題)世界で最も危険な男:「トランプ家の暗部」を姪が告発(小学館)/著:メアリー・トランプ

8.Your Best Year Ever: A 5-Step Plan for Achieving Your Most Important Goals/(仮題)史上最高の年:最も重要な目標を達成するための5段階プラン/著:マイケル・ハイアット

9.The Ride of a Lifetime: Lessons Learned from 15 Years as CEO of the Walt Disney Company (B&N Exclusive Edition)/(邦題)ディズニーCEOが実践する10の原則(早川書房)/著:ロバート・アイガー

10.The Intelligent Investor Rev Ed./(邦題)新賢明なる投資家~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~(バンローリング)/著:ベンジャミン・グレアム、ジェイソン・ツヴァイク

格差社会や経済の衰退の原因とは?

まずは、2位にランクインした『Evil Geniuses』です。

本書はアメリカの歴史を振り返りながら、現在のアメリカが抱えるさまざまな根深い問題に迫っていきます。格差社会や経済の衰退がどのように引き起こされたのか、筆者の鋭い洞察力によって描かれ、アメリカだけでなく、世界のこれからについても考えさせられます。現在のアメリカ、ひいては未来のアメリカがどうなっていくのかについて知りたい、という人にオススメの一冊です。

「目標達成」の方法論と、ディズニーのトップによる仕事論

そして、8位にランクインしたのは『Your Best Year Ever』です。

日々の仕事に忙殺される生活を続けていると、大変な思いをしている割には目標が達成できず、結局は自分自身の可能性を狭めてしまっているように感じたことはありませんか。本書では、現実と目標の間にあるギャップを埋め、「自分史上最高の1年」をデザインする方法を提案しています。筆者の研究に基づいた方法論には説得力があり、試してみたくなる項目ばかりです。人間関係、ビジネス、経済的な目標など、今年は達成したい目標があるという方はぜひ読んでみてください。

最後に紹介するのは9位の『The Ride of a Lifetime』です。

本書はウォルト・ディズニーカンパニー会長兼CEOであるロバート・アイガー氏の半生が描かれています。どのようにしてテレビ局の雑用からディズニーのトップへと上り詰めたのかを語るストーリーの中で、ビジネスパーソンにとって重要なことは何かを学ぶことができます。邦訳も発売されており、世界中でベストセラーとなっている名著です。

まとめにかえて

今回は、ご紹介した3冊のような刊行後2、3年の本だけではなく、人気の衰えないベストセラーが多くランクインしていたように思います。次月はどんな本がランクインするのでしょうか。

それでは次回のランキングもお楽しみに!

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。