低収入でもできる!1年間で100万円貯める3つのコツ

Markik/shutterstock.com

「お金を貯めたい」と思ったときに、目安としやすいのが「1年間で100万円貯める」という目標です。1年間で100万円の貯金を1カ月に換算すると、約8万3,333円。高収入の方ならまだしも、収入が低いと「そんなの無理」と思ってしまうかもしれません。

今回は、そんな低収入の家庭でも1年間で100万円貯めるためのコツについて解説していきます。

まずは1カ月の目標金額を決めよう

冒頭でも触れた通り、1年間で100万円の貯金をするとなると、単純に計算すれば1カ月につき約8万3,333円を貯める必要があります。手取り収入が20万円程度であれば収入の40%前後、手取り収入が30万円程度であれば30%前後を貯金に回さなければなりません。生活費をギリギリまで切り詰めれば不可能ではありませんが、毎月の収入が低いと厳しく感じますよね。

続きを読む

しかし、毎月の給与だけでなくボーナスを含めて考えてみるとどうでしょうか。毎年夏と冬にもらったボーナスから20万円ずつ貯金すれば残りは60万円となり、月々の貯金金額は5万円で済みます。

ボーナスの金額は人それぞれですので、100万円からボーナスで貯金する金額を差し引き、求めた額を12で割って、1カ月あたりの貯金の目標額を立ててみましょう。計算した結果やはり厳しいと感じる方は、1年間で50万円、30万円を貯める目標としても問題ありません。大切なのは「1年間で100万円を貯める」ことではなく、貯金ができる習慣を身に付けることです。

貯金ができる習慣が身に付くようになれば、収入が増えてきたときに余裕を持って1年間で100万円を貯められるようになります。まずは、挫折せずに続けられそうな貯金の目標額を決めてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。Twitter:まきあん