結構多い「貯蓄0円」世帯。2021年「ゼロ」からお金を貯める方法

2019年に金融庁が発言した「老後2000万円不足問題」。それは大きな話題となり、年金だけでは不安だと「つみたてNISA」や「iDeCo」を利用する人が着実に増えていきました。

しかし貯蓄が苦手という人は意外と多く、2019年に金融広報中央委員会が発表した、世帯主が20歳以上かつ世帯員が二人以上の全国8,000世帯を調査対象とした「2019年 家計の金融行動に関する世論調査」によると、全体の2.5%の割合で貯蓄額が「0円」であるそうです。普段の生活では問題なく過ごせても、「老後が不安である」と回答した世帯は81.2%もあり、8割以上の人が年金だけでは心もとないと感じているようです。

とくに「貯蓄0円世帯」は、新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)のような予測のつかない経済不振に危機感を覚えてしまうでしょう。少しでも安心して過ごせるように、今から貯蓄力を鍛えておくことをおすすめします。「貯金はちょっと苦手……」という人でも挑戦しやすい、ゼロからお金を貯める方法をご紹介します。

先取り貯金をする 

お金はあるだけ使ってしまう、という貯蓄下手な人にオススメしたい方法が『先取り貯金』です。最初に一部のお金を別口座などに移動させるだけなので管理も簡単です。はじめからなかったお金と思えば、難しい貯蓄術ではありません。

しかしここで注意すべきなのが、張り切り過ぎて貯蓄する額を多く取り過ぎるという点。ここで金額設定を誤ると生活費だけでは足りなくなり、貯蓄口座の方からお金をおろさなければなりません。
あるだけ使ってしまう人が一度貯蓄に手を出してしまうと「困ったら貯蓄口座がある」と認識してしまうため、先取りしてもなかなかお金は増えないでしょう。

まずは無理のない金額を設定して入金します。少額からはじめて、貯蓄癖をしっかり身に着けることが先決です。慣れてきたときに貯蓄額を少しずつ増やしていけば、無理なく続けることができるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。