富裕層がしている「お金から愛される」引き寄せの法則とは?3つの共通点

いまだ世界中で続く新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の拡大。この影響で経済不振が長引いているなか、意外と富裕層の割合は増えているといいます。株式会社野村総合研究所が2020年12月21日に発表した「NRI富裕層アンケート調査(全国の企業オーナー経営者1,520名を対象に実施)」によると、日本における富裕層の世帯数は133万世帯。2017年の調査よりも増加傾向にあるようです。

さらに純金融資産保有額が5億円以上もある超富裕層は8.7万世帯だといい、住む世界があまりにも違いすぎて、想像もつきません。景気の悪さを肌で感じている私たちは「環境に恵まれないとお金持ちにはなれない」と諦めてしまいがちですが、実はお金が集まってくるのには理由があるようです。

富裕層に該当する人は、お金に対する“マインド”が重要なのだといいます。お金持ちになる人は、お金から愛される『引き寄せの法則』を取り入れていることが多いのだとか。引き寄せの法則とは、「思想や行動によって、望んでいる現実を呼び寄せる」というもので、考え方を変えるだけで、お金が集まってくるようになるといいます。

そこで今回は、仕事柄、富裕層に接することの多い筆者が見た、お金持ちになる人の共通点とは何なのか、見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。