公務員の退職金「うらやましい!」は本当か

Zenzen/shutterstock.com

民間企業と比べて景気に左右されにくい、お給料も安定している、といったイメージをもたれることが多い公務員のおしごと。

最近では「親が子どもに就いてほしい職業」といった調査の回答として、上位にランクインすることも多いですね。

その安定感抜群のイメージから「公務員なら定年まで安心して勤めあげることができそう」と感じる人も少なくないでしょう。

さて、多くのサラリーマンにとって、リタイヤ後の生活の柱となるのは公的年金と「退職金」といってもよいかもしれません。今回は、公務員の定年退職金事情を、民間企業の実態と比較する視点で眺めていきたいと思います。

続きを読む

地方公務員の定年退職金事情

さいしょに、私たちの暮らしに密接な関係がある、地方公務員の「退職手当」についてみていきましょう。

総務省が発表した「給与・定員等の調査結果等」の「地方公務員数の状況」によると、2020年4月1日現在、地方公務員の数は276万2020人です。対前年比は、2万1367人の増加となっていますが、ピーク時の1998年からは約52万人減少しています。

地方公務員の退職手当の平均額

ここからは、「平成31年(2019年)地方公務員給与の実態」より、2018年度中に退職手当を支給された人のうち、一般職員の勤続25年以上の「定年」または「勧奨退職者」1人当たりの平均退職手当額を、退職年齢ごとにながめながら、国家公務員と単純比較していきます。

全地方公共団体

  • 56歳勧奨退職者…2125万1,000円
  • 58歳勧奨退職者…2141万6,000円
  • 60歳定年等退職者…2133万円

次は、退職時年齢ごとの平均を、団体区分別にみていきます。

56歳勧奨退職者

  • 指定都市…2174万1,000円
  • 都道府県…2147万4000円
  • 市…2120万5000円
  • 町村…2000万 2000円

58歳勧奨退職者

  • 市…2154万3000円
  • 都道府県…2150万4000円
  • 指定都市…2111万6000円
  • 町村…2068万1000円

60歳定年等

  • 都道府県…2183万9000円
  • 市…2126万8000円
  • 指定都市…2119万3000円
  • 町村…2008万1000円

地方公務員も、「退職手当」として、ほぼ2000万円以上もらえる感じですね。

【解説】どう決まる?「地方公務員の退職手当」

地方公務員の退職手当は、「国家公務員退職手当法」に準じて支払われます。下記がその算定式です。

 

地方公務員の退職手当の基本算定構造

退職手当額 = 基本額 + 調整額

基本額 = 退職日給料月額 × 退職理由別・勤続年数別支給率

調整額 = 調整月額のうちその額が多いものから 60 月分の額を合計した額

「支給率」は、退職理由・勤続年数で変わります。60代で定年を迎えるケースを想定した「勤続年数45年、定年・勧奨」の場合だと、支給率は「59.28月」となります。

参考:総務省「地方公務員の退職手当制度について」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。