年収が高くなくても会社に満足な人の理由。自由度か人間関係か

copy URL

人間関係が良好で職場環境に恵まれている

「今の会社は人間関係がすごくいい。足を引っ張る人が一人もいなくて、みんなで協力し合ってともにいろんなプロジェクトを成功させてきた。結束力が高くていいチームだと思う」と語るのは、メディアの編集部で働く20代のBさん。

「ちょっと難しいプロジェクトでも、みんながいれば乗り越えられそうだと思える。こんなにいいチームで働けることってあまりないから大事にしたい」と職場の仲間を高く評価しています。

「職場にはコーヒーサーバーやドリンクバーが設置されていて好きなドリンク飲み放題。フリーアドレス制を採用しているから好きな場所で仕事をする。今はコロナ感染対策で在宅勤務ができている。お給料は決して高いとは言えないけれど、別に生活に困るほどでもないから満足している」と職場環境についても言及してくれました。

給料は高いとは言えなくても、人間関係や職場環境が良好だと仕事も楽しくでき、職場に愛着が湧くようです。

仕事そのものにやりがいを感じる

「いまの仕事が好き。やりがいを感じていて、ずっとこの仕事を続けたいって思っている。自分の適性とよくマッチしていると思うし、天職だと思っている」と話すのは、化粧品メーカーの店舗で販売の仕事をしている30代のCさんです。

「人と話すのも好きだし、売っている商品も好き。自分の勧めたものでお客さんが喜んでくれるのはすごくうれしいし、自分もその商品が好きだから説明も苦にならない。立ち仕事で大変だというのはあるけれど、それ以外は何も不満はない」と話します。

Cさんは店のマネジメントを任されていて、パート社員のシフト管理などもしているのだと言います。「自分もずっと好きな化粧品メーカーだし、いっしょに働くメンバーもみんないい人たちで快適に働けている。子どもが熱を出したとか、家でもめ事があったとか、そういうトラブルのときもお互いに助け合っている」というCさん。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。