「超」安定のイメージ。国家公務員の定年退職金はどのくらいか

peterschreiber.media/shutterstock.com

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、「安定した職業」に対する関心が高まっています。みなさんのなかにも、安定感の高さは「公務員>民間の会社員」、そして公務員の中でも「国家公務員>地方公務員」というイメージをもっている人が多いのではないでしょうか。

そんな「超」安定のイメージのある職に就いている人たちは、どのくらいの定年退職金を手にしているのでしょうか。今回は、気になる国家公務員の定年退職金について詳しくみていきましょう。

続きを読む

国家公務員の退職金ってどれくらい?

国家公務員の退職金は、「基本額(退職日の俸給月額×支給割合)+調整額」という計算式に基づいて算出されます。ただし、「支給割合」は退職理由や勤続期間によって異なります。

また、内閣人事局によると、「国家公務員の退職手当の支給水準については、退職給付(退職手当及び年金払い退職給付(使用者拠出分))の官民均衡を図るため、おおむね5年ごとに行う民間企業の企業年金及び退職金の実態調査を踏まえて見直しを実施」しているとのこと。では、2019年度中に退職した人の退職金をみてみましょう。

常勤職員

  • 定年:2,090万6000円(受給者数:1万2,714人)
  • 応募認定:2,588万1000円(1,597人)
  • 自己都合:316万1000円(7,501人)
  • その他:201万6000円(1万763人)

計:1,082万2000円(3万2,575人)
(「その他」には、任期制自衛官等の任期終了(常勤職員)や死亡等による退職が含まれています)

常勤職員のうち、行政職俸給表(一)適用者の退職金は以下の通りです。
(※「行政職俸給表(一)適用者」とは、一般行政事務職員などが対象となっています)

うち行政職俸給表(一)適用者

  • 定年:2,140万8000円(受給者数:3,825人)
  • 応募認定:2,278万円(902人)
  • 自己都合:362万7000円(1,377人)
  • その他:265万8000円(1,009人)

計:1,548万円(7,113人)

定年と応募認定の退職金は、いずれも2000万円を超えています。なお、「応募認定退職者」は「早期退職募集制度により退職した人」が該当します。受給者数は多くありませんが、定年より多くの退職金を受け取っているようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。