冴えない50歳おじさんの年収を200万円上げた「地味な資格」とは

中年ビジネスパーソンの人生挽回戦略

写真はイメージです

 新型コロナウイルスの流行によって、勤めている会社の業績が落ち込んでしまい、「このままいまの会社で働き続けようと考えていた未来に、暗雲が立ち込めている」という中年ビジネスパーソンも多いかもしれない。とはいえ、転職しようにもアピールできるスキルや誇れるキャリアがともなわず、身動きがとれない人も多いのでは。

「そんな悩める中年ビジネスパーソンでも人生を挽回できる方法は、『地味な資格』を取ることです」と語るのは、『おじさんは、地味な資格で稼いでく。』の著者であり、自身も窓際族同然だったサラリーマンから50歳で社会保険労務士の資格を取得し、年収を200万円アップさせたという佐藤敦規氏。

続きを読む

 中年ビジネスパーソンの人生挽回戦略として、「地味な資格」を解説してもらった。

苦境に立たされる「現代のおじさん」

 現代の中年ビジネスパーソンには、いくつかの「壁」が立ちはだかっています。

 まず「退職金の減少」。厚生労働省の「就労条件総合調査」によると、大卒社会人の退職金は1997年の2871万円をピークに右肩下がりとなっています。2018年では1788万円と、この20年間で1000万円以上もダウンしました。私は社会保険労務士として企業の賃金制度の相談に乗ることも多いのですが、1788万円という金額は、一部上場の大企業が底上げしている印象もあり、大半の中小企業ではこの金額に達していないと思われます。

 次に「AI導入による人員削減」です。マニュアルに従うだけの働き方をしている人は、機械やロボットに仕事を奪われやすく、銀行の融資担当者などの高度専門職と呼ばれる人ですら、影響を受けるおそれがあります。実際に、大手企業を中心にAI技術の導入による人員削減は進んでいて、みずほフィナンシャルグループは「2026年末までに全従業員の3割にあたる1万9000人を削減する」と発表しました。

 最後に「黒字リストラ」です。新型コロナウイルスの感染流行によって企業の業績は悪化し、人件費の高い「おじさん社員」への逆風はさらに強まっています。しかし、それ以前から、業績が好調にもかかわらず中高年の社員に希望退職や早期退職を促す企業が増えていました。東京商工リサーチによると、2020年の上半期には上場企業41社が早期・希望退職を実施し、その半数が黒字企業であったようです。「給与も高く、時代の変化についていけない中高年社員を減らし、プログラミングや語学に堪能な優秀な若手社員の採用にコストを割きたい」と考える経営者は多いのです。

「冴えないおじさん」はどうすればいいのか

 中年社員が苦境に立たされている現状をお伝えしましたが、課長や部長として活躍している人は、いまのところ、こうした危機感はあまり持たずに済んでいるかもしれません。不安を抱えるのは、そういった役職に就いていない人でしょう。そして40代になって課長以上の管理職経験がない人は、転職で苦労してしまうのも事実です。

 かといって、いまから仕事に打ち込んで出世を目指すというのも、不可能ではないですが、実際のところは難しいでしょう。40代や50代で役職に就いていない人は重要なプロジェクトや顧客から外され、大きな成果を見込めない仕事や顧客を担当させられたり、若手社員と同じような立場や働き方であったりすることが多いからです。このような状況で会社の評価を覆すような実績を挙げることは難しく、それに自分のモチベーションも長くは続きません。

 転職もだめ、出世もだめ……。「じゃあ、いったいどうしろというんだ」と思われる方は多いでしょう。

 そこで、打開策としてみなさんにおすすめしたいのが、「地味な資格」を取ることです。ここでいう「地味な資格」とは、「世間の知名度は低いけど、法人に必要とされ、案外稼いでいる人が多い資格」を指しています。社会保険労務士(社労士)や行政書士、土地家屋調査士などの士業がこれに該当します。

「地味な資格」のメリット

 では、なぜ「地味な資格」を取ることをおすすめするのか、そのメリットを3つ紹介します。

(1)働きながら取得できる

「資格」と聞いて、「難しい」「面倒だ」「どうせ無理だ」と思う人もいるでしょう。たしかに弁護士や税理士などの難関資格はその印象に当てはまりますが、中年から人生挽回するためにそれら難関資格を取る必要はありません。それに、合格しても、若いうちからその仕事に就いている人たちと競い合うのは難しいでしょう。

 一方で、社労士や行政書士といった「地味な資格」は、それら難関資格よりは難易度としては低く、働きながらでも十分に合格を狙えます。実際に、2020年度の社労士試験の合格者の分布を見てみると、合格者の約6割が会社員です。そして年齢別分布を見ると、こちらも約6割が40代以上。つまり、合格者の多くが中年のサラリーマンなのです。

(2)法人相手で安定する

「地味な資格」は、弁護士や医師のように知名度が高いわけではありません。それは、個人よりも法人を相手に仕事をすることが多いからです。ところが知名度に反して、実は法人を相手にする資格のほうが、個人相手の資格よりも収入が安定します。その理由は次の3つです。

・契約が長く継続することが多い
・単価が比較的高い
・契約先が新たなお客さんを紹介してくれる

 個人を相手にする資格は、ビジネスを持続させるのが大変です。常に競争にさらされ、広告や設備投資、営業が必要になります。一方で、社労士や行政書士といった法人を相手にする資格は、うまくいけば顧問契約をもらうこともできます。そうすれば、競合との競争に巻き込まれることなく、安定した収入を得られます。

(3)食っていける

 資格貧乏という言葉があるように「最近は弁護士でも仕事がないと聞くし、資格なんて取っても意味がない」と思う人もいるでしょう。しかし、私の持つ社労士の資格でいえば、新型コロナウイルスの流行における給付金申請の代行といった業務が増え、ますます需要は増しています。いまはネットでなんでも情報が手に入る時代になりましたが、その信憑性や理解のしやすさについては疑問です。情報が溢れているからこそ、それを取捨選択・翻訳できる専門家が求められているのです。

 また、資格を取ったからといって独立する必要はありません。私のように事務所に入る勤務社労士も多く、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、勤務社労士の平均年収として男性では約534万円、女性では約459万円との結果が出ています。

筆者の佐藤敦規氏の著書(画像をクリックするとAmazonのページにジャンプします)

「冴えないおじさん」ほど資格は取りやすい!?

 これらのメリットがある「地味な資格」ですが、資格を取って仕事としていくうえでは、じつは「冴えないおじさん」であるほど有利です。管理職の人たちはチームの先頭に立って仕事をこなしながら、部下の管理やサポートもしなければなりません。それでは、よほど強い意志を持たないと、資格試験のための勉強時間は捻出できません。一方で、出世できなかった人には部下がいません。主任や係長でも部下は少数です。自分のペースで仕事を進めることができ、勉強時間を確保しやすいのです。

 そして、中小企業や零細企業の経営者たちの多くは、自社の社員に悩みを抱えています。「遅刻する」「やる気がない」「向上心がない」……。安定した会社で順風満帆に出世してきた人たちにとって、こういった社員の気持ちも理解しつつ、経営者の悩みに寄り添ってアドバイスをすることは、意外と難しいかもしれません。むしろ、「会社員時代に活躍できなかった人」のほうが、過去の自分に近い人のマインドもわかるため、「社長の良き相談相手」になれる可能性が高いのです。

 中年から心機一転し、新しいキャリアを描くためのひとつの選択肢として、「地味な資格」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

■ 佐藤 敦規(さとう・あつのり)
 社会保険労務士。中央大学文学部卒。新卒での就職活動に失敗。印刷業界などを中心に転職を繰り返す。窓際族同然の扱いに嫌気がさし、50歳目前で社会保険労務士試験に挑戦し合格。三井住友海上あいおい生命保険を経て、現在では社会保険労務士として活動。企業を相手に、就業規則や賃金テーブルの作成、助成金の申請などの相談を受けている。資格取得によって収入が200万アップするとともに、クライアントの役に立っていることを実感し、充実した生活を手に入れた。お金の知識を活かして、セミナー活動や、「週刊現代」「マネー現代」「THE21」などの週刊誌やWebメディアの記事も執筆している。

 

佐藤氏の著書:
おじさんは、地味な資格で稼いでく。

佐藤 敦規

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

中央大学文学部卒。新卒での就職活動に失敗。印刷業界などを中心に転職を繰り返す。窓際族同然の扱いに嫌気がさし、50歳目前で社会保険労務士試験に挑戦し合格。三井住友海上あいおい生命保険を経て、現在では社会保険労務士として活動。企業を相手に、就業規則や賃金テーブルの作成、助成金の申請などの相談を受けている。資格取得によって収入が200万円アップするとともに、クライアントの役に立っていることを実感し、充実した生活を手に入れた。お金の知識を活かして、セミナー活動や、「週刊現代」「マネー現代」「THE21」などの週刊誌やWebメディアの記事も執筆している。