日本人の「投資のイメージ」が改善。10年でどう変わったのか

2020年10月に実施したビジネスパーソン1万人アンケート(第8回目)では、「投資」という言葉に対するイメージを聞いています。この設問は2010年の第1回から継続して聞いているもので、その変化は投資を「前向き」に評価するように動いていることがよくわかります。

投資を「ポジティブ」に捉える人が3分の1に

設問では、投資のイメージとして「前向き」、「楽しい」、「儲け」、「明るい」、「リスク」、「ギャンブル」、「損失」、「怖い」の8つの選択肢から選んでもらいます。それを、前者4つの選択肢を「ポジティブ」な評価、後者3つを「ネガティブ」な評価として括り、「ポジティブ」、「リスク」、「ネガティブ」の3つでみてみます。

続きを読む

下のグラフをみると、明らかに毎回「ポジティブ」の比率が増えていることがわかります。ちなみに、2010年の「ポジティブ」評価の比率は22.8%で、これが2020年には34.8%へと12ポイントも高まっています。

一方で、「ネガティブ」評価は30%前後で大きく変化しませんでしたが、「リスク」とみる人が50%超から34.6%へと低下しています。結果、この10年で3つの評価が「リスク」5割、「ネガティブ」3割、「ポジティブ」2割から、ちょうど3分の1ずつになったわけです。

投資は「儲け」よりも「前向き」のイメージ

さらに年代別に分析を進めると、最も「ポジティブ」なイメージの比率が高いのが25-29歳の若い世代で、その比率は43.7%に達しています。一番低いのが55-59歳で27.3%ですから、総じて若い人ほど投資に「ポジティブ」であることがわかります。

また、「ポジティブ」イメージ4つのなかで大きな比率を占める「前向き」が、毎年増加傾向にあることも注目できます。これを5歳刻みで分析すると、2010年と比べて、すべての年代で大きく増えていることがわかりました。

さらに、「儲け」のイメージはグラフにある通り、回答者全体では2010年の12.8%から2020年の13.0%へとほとんど変わっていないのですが、これも5歳刻みの年代に分けて分析すると、20代後半を除くすべての年代で2010年よりも低下していることもわかりました。

投資の「ポジティブ」イメージは、「儲け」よりも投資そのものを「前向き」に受け取る人が増えていることは、心強い限りです。

投資という言葉に対するイメージの変化 (単位:%)

拡大する

出所:フィデリティ退職・投資教育研究所「サラリーマン1万人アンケート」(2010年、2013年、2015年、2016年、2018年、2019年)と「勤労者3万人アンケート」(2014年)、フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所「ビジネスパーソン1万人アンケート」(2020年)

<<筆者のこれまでの記事リスト>>

フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
野尻 哲史
  • 野尻 哲史
  • フィデリティ・インスティテュート 退職・投資教育研究所
  • 所長

国内外の証券会社調査部を経て、2007年より現職。アンケート調査をもとに個人投資家の資産運用に関するアドバイスや、投資教育に関する行動経済学の観点からの意見を多く発表している。日本証券アナリスト協会検定会員、証券経済学会・生活経済学会・日本FP学会・行動経済学会会員。著書には、『老後難民 50代夫婦の生き残り術』、『日本人の4割が老後準備資金0円』(講談社+α新書)や『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活』(明治書院)などがある。調査分析などは専用のHP、資産運用NAVIを参照