個人でもお得に資金を作れるリースバックってどんなサービス?

Zaikina/iStock

「リースバック」という言葉を目にする機会が増えてきました。

このリースバックですが、馴染みのない方からは、よくわからないという声も聞きます。

私は大手リース会社に約10年勤務してきました。

その間、大小様々なもののリース契約をさせていただきましたが、お客様からの相談の中にはリースバックがお役に立てると感じる場面も多くありました。

このリースバックは、仕組みがわかれば大変興味深いサービスで多くの方が活用できるものです。

続きを読む

リースバックの仕組みを知り、有効に活用していきましょう。

リースとレンタル、違いはなにか

リースバックを説明する上で、まずリースのことを理解する必要があります。
よく比較されるレンタルとの違いを簡単に見ていきましょう。

賃貸借期間

  • レンタル:短期間の賃貸借(一時的な物件の使用を前提としたもの)
  • リース :長期間の賃貸借(物件を継続的に長期で使用する為の手段) 

物件選定

  • レンタル:レンタル会社の保有在庫の中から選定
  • リース :お客様(契約者)自身が選定した物件をリース会社から借りる

中途解約

  • レンタル:原則いつでも解約可能
  • リース :中途解約不可

瑕疵担保責任

  • レンタル:レンタル会社の責任
  • リース :リース会社は免責

賃貸借物件が滅失や毀損した場合の損害負担

  • レンタル:レンタル会社が損害を負担
  • リース :お客様(契約者)が損害を負担

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮澤 顕介

明治大学商学部卒業後、みずほ銀行、オリックス等をはじめとした金融機関で勤務。現在は、一種外務員、生命保険募集人、FP2級等の資格を保有し、ファイナンシャルアドバイザーとして活動。個人向けマネーセミナーでも登壇。長期・分散・つみたて投資の重要性を発信するとともに医療保険の見直しも得意としている。