タリーズ定番「カフェモカ」が大変化!味のグラデが絶妙な大人「モカマキアート」へ

タリーズコーヒージャパン(株)『モカマキアート』(リニューアル後)

アメリカのシアトル発祥の「タリーズコーヒー」(『TULLY’S COFFEE』、通称タリーズ)が日本に上陸したのは1997年のことでした。今年で24年目になるわけですが、タリーズの中でも安定的な人気があるのが『カフェモカ』ではないでしょうか。コーヒーの苦さと香ばしさ、そしてチョコレートの甘味のバランスが絶妙で、ついつい一気飲みをしてしまうほど。そんなタリーズのカフェモカが、『モカマキアート』へと進化しました。

続きを読む

タリーズコーヒーをざっとおさらい

タリーズコーヒーはアメリカのシアトル発祥のコーヒーチェーンです。日本ではタリーズコーヒージャパン(株)が運営、2006年からは伊藤園の子会社となりました。コーヒーチェーンというと、スタバでお馴染みの『スターバックスコーヒー』(『Starbucks Coffee Japan』)や『ドトールコーヒー』(『DOUTOR』)など競合もたくさんありますが、タリーズコーヒーはカフェ業界では売り上げランキング第2位となっています。(1位はドトールコーヒーや星乃珈琲店を運営する(株)ドトール・日レスホールディングス)(※1

ただ昨年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けてしまいました。伊藤園の「2021年4月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」によると、タリーズコーヒージャパン(株)など飲食関連事業の5~10月期売上高は前年同期比32.6%減の118億5,500万円で、大幅な減収となっています。

なぜリニューアルするのか

安定的な人気を誇るカフェモカ。とはいえ日本に上陸した当時にタリーズコーヒーに注目していた若年層も、今ではアラフォー、アラフィフとなってきています。年齢によってコーヒーの味や甘さ、あるいは濃さなどの好みも変化が見られるかもしれませんよね。

実は筆者も、20代後半では甘味の強い飲み物を好んで飲んでいたのですが、40代半ばになると「ちょっと甘すぎるな」と感じてしまうことも。当然味覚には個人差はありますけれど、このようなタリーズコーヒーを長年利用している人の年齢を考えて、今回カフェモカをリニューアル。1月8日(金)から新しいカフェモカが販売されています。(※2

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえInstagram:sachie_kawasakiFacebook:川崎 さちえ