車の維持費「節約できるポイント」今こそ確認!

Khongtham/shutterstock.com

2021年の幕開けは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で寂しいものとなりました。この影響はまだまだ続く見通しとなっており、先行きが不安な状況が続きそうです。

2020年冬のボーナスが減少したこともあり、今年のボーナスもそうですが、テレワークや時短営業の影響で毎月の収入も減ってくる可能性も十分にあり得ます。入ってくるお金が減ってしまうなら、出ていくお金を減らさなければなりません。地域によっては必需品ともいえる車の維持費も、見直しを考えていきたいところです。そこで今回は、車の維持費について確認をしつつ、節約できるポイントを見ていきます。

続きを読む

車の年間維持費を確認してみよう

まず、車の維持費が年間どれくらいかかってくるのか確認していきます。車種によって変わってくるかと思いますので、モデルケースとして5ナンバーサイズのミニバンのトヨタ・ヴォクシーのガソリンエンジン車で確認をしていきます。

保有しているだけでかかってくる維持費(税金、法定費用分)

  • 自動車税:3万6,000円(2019年9月30日以前に新規登録された車は3万9,500円)
  • 自賠責保険料:2万1,550円(本土24カ月分)
  • 重量税:3万2,800円(2年分、エコカー減税を考慮せず)
  • 合計金額:6万3,175円(自賠責保険と重量税は2分の1で計算)

まず強制的にかかってくる部分としては税金や自賠責保険料があります。ここでは上述した通り自動車税と自賠責保険料と重量税を計上。後者2つについては継続車検時にかかる費用を按分しています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大学を卒業後、大手メーカー系自動車販売店に勤務。その後は現職である金融関連企業へ転職。自動車販売店では、個人顧客をメインに新車や自動車保険を販売し、年間平均60台の新車を販売。現職では金融業界に精通した業務や教育支援を中心に行っており、自身も2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)資格を保有。記事で扱うテーマは自動車関連を中心にFP的な視点も含めて解説する。Twitter:宇野源一(げんげん)