定年60代、貯金2000万円で老後不安はないか

Aleksei Morozov/iStock

2019年に公表された金融庁の報告書がきっかけで、「老後2000万円問題」は、今やホットワードとなっています。

私は外資系金融機関での勤務経験があり、ファイナンシャルアドバイザーとして、多くのお客様のコンサルティングを行ってきました。

その際、「2000万円で本当に安心した生活が出来るのか」という相談が増え、多くの人が関心を寄せている話題であると実感しました。

今回は、定年60代で本当はいくら貯金が必要なのか、2000万円で大丈夫なのか、最新のデータを元に確認してみます。

続きを読む

定年60代、貯金はいくら持っているか

それでは、60代の平均貯蓄額を見ていきましょう。

  • 60~69歳の平均貯蓄額・・・2313万円

2000万円を超える結果となりました。

退職金の支給や子育てが一段落した後の貯金期間を経て、50代の平均より700万円近く貯蓄が増えています。「~59歳」、「60歳~」での平均貯蓄額も合わせて、見てみましょう。

  • 「~59歳」の平均貯蓄額・・・1187万円
  • 「60歳~」の平均貯蓄額・・・2240万円

定年をむかえる60代以降と59歳までの平均貯蓄額を比較すると、平均貯蓄額が約1000万も下振れします。

「~59歳」よりも貯蓄額が多いのは、定年で受け取る退職金が含まれるためと考えられます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
遠藤 勝弘

専門学校卒業後、不動産仲介営業に携わる。6年間の不動産営業の後、ジブラルタ生命保険に転職。ジブラルタでは、個人向けマネーコンサルティングに従事し、営業所長としても人材育成にも尽力。一貫して卓越した成績を残す。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、保険から投資信託まで幅広い金融商品をもとに、個人向け資産運用のサポート業務を行う。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP3級)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。