キスマイ藤ヶ谷くんにハマる女性心理と老後のお金対策

ジャニオタの経済学シリーズ(2)

Aleksei Morozov/iStock

私は柴犬とともに悠々自適に一人暮らしをしながら、金融の営業に携わる30代後半の独身女性です。Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんの沼に首までハマっています。藤ヶ谷くんのファンになり丸4年になります。

今回は「ジャニオタ(ジャニーズオタク)」は実際どのようにお金を生み出しているのかを案内したいと思います。

ジャニオタで得したことは、「実質無料」の世界観

藤ヶ谷くんに湯水の如くお金を使っており、ジャニーズのファンでない友人からは「理解できない」「そんなにお金を使って何か得するの?」などと言われます。

続きを読む

私は普段金融業の営業をしており、リスク性資産の将来性に関して断言することは避けるのですが…ここは断言します。

「藤ヶ谷くんのファンをしていると得しかないです」

「得しかない」とはどういう事かというと、そもそも藤ヶ谷くんの活躍と平穏と安寧を願うだけで、何か心が乱れるようなことが起きても心穏やかでいられるのです。

仕事で何かイライラするようなことがあっても「とりあえず藤ヶ谷くん見よ」で全て解決です。凄い効果ですね!心理的に、この時点で得しかないです。

また、コンサートやミュージカルのチケット代は決して安いものではないのですが、「実質無料」、むしろお釣りがくるくらいだと考えています!

生で藤ヶ谷くんのパフォーマンスを見られる時点で満足ですが、更に言うと彼のパフォーマンスは並大抵の努力では表現できないような素晴らしいもので、見ているこちらの予想をはるかに超えたもので感動するのです。それをもってして、「実質無料」と思えるのです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
嘉村 有衣子

高校卒業後、通信機器の法人向けセールス等を経て、全労済や大手保険代理店などの金融サービス業等にて勤務。全労済時代には3年連続全国1位、保険代理店時代にはANP(Annualized New business Premium、新契約年換算保険料)で全国1位を達成。金融商品販売において卓越したセールススキルを持つ。保険代理店を退職後、現在はファイナンシャルアドバイザーとして、生命保険のみならず、投資信託など、幅広い金融商品のコンサルティングを行っている。一種外務員(証券外務員一種)、保険募集人資格などを保有。