【ココイチ】トッピング「人気」「不人気」5選。堅実派から超個性派まで

マニアはいるものの、「これはちょっとためらう」トッピング

【ガーリック(税込52円)】
「ガーリック、大好き!でも仕事の合間に食べるものとしては、やはりニオイが少々気になってしまうので。ランチにはパスかな」(MN 26歳)

パンチの効いた味が好みでも、仕事などで人と接することが多い場合など、TPOに合わせて控える人が多いようです。

【旨辛にんにく(税込152円)】
「ガーリック同様、ニオイがどうしても気になります。休日前なら思う存分食べたいですね。にんにくのピリ辛な旨味はやっぱりクセになる味ですよ」(SG 39歳)

やはりランチに食べるものは、ニオイを気にせざるをえないですね。

【オクラ山芋(税込105円)】
「海鮮丼なら進んで選びたいトッピングですが、どうしてもあの“和”の食材とカレーのスパイスの組み合わせが私はちょっと」(KH 25歳)

コクのあるカレーソースに、和食を思わせるサラリとした食材を組み合わせることは、ちょっとした冒険なのかもしれませんが、一度チャレンジしたらハマる人もいそうです。

【納豆(税込157円)】
「納豆自体、あまり得意ではありません。カレーがねばねばするのがちょっと想像つきません」(AT 43歳)

かなりチャレンジ精神旺盛なトッピングといえる、納豆。この組み合わせが好きな人いわく、「慣れてしまえば普通の豆カレーのような感覚」とのことです。

【クリーミータルタルソース(税込52円)】
「この組み合わせはきっとかなりの“こってり感”。カロリーを考えると、メタボ気味の私は我慢せざるをえません。カレーとタルタル、悪魔の誘惑のようです」(KJ 37歳)

魅力的な組み合わせだからこそ、ぐっと我慢せざるを得ない人もいるようです。カロリーや栄養のバランスを考えると、少々躊躇してしまうのかもしれません。

自分だけのオリジナルをつくる楽しさを

ただ食事をするだけではなく、そこに自分のアイデアをプラスして、創造する楽しみもあるココイチのカレー。小さな子どもから高齢者まで、好みに合ったものを選ぶこともできるので、家族みんなが自分にぴったりの“Myカレー”を選べますよね。付け合わせやデザートなどのサイドメニューもありますので、テイクアウトしてお家や屋外で食べるのもおすすめです。今度のランチに、いかがですか。

【参照】

総務省統計局「家計調査(家計収支編)二人以上の世帯」2.用途分類:収入および支出金額・名目増減率・実質増減率(月・四半期・年)「1世帯当たり1か月間の支出」「第2表 1世帯当たりの1か月間の収入と支出-二人以上の世帯
カレーハウス「coco壱番屋

佐和山 薫

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

企業におけるCS向上戦略や従業員育成の講師業経験を活かし、ビジネス誌におけるコミュニケーションスキルやビジネスマナー関連の連載経験、戦国武将の生き方にヒントを得た現代人への仕事エッセイの連載経験あり。また、ストレスフルな現代における「癒し」を追求し、ヨガインストラクターとしても活動中。執筆におけるモットーは、「読んだ後に何かひとつでも気づきを提供できる文章を書く」。