お金プロ解説、年始にできる3つの家計見直し術

Aleksei Morozov/iStock

新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、今年こそは貯蓄に励もうと考えている人も多いでしょう。

しかし、お金を貯めていこうとしても、なかなかうまくいかないという人もいるのではないでしょうか。

お金を貯めるには、まず家計の見直しが必要です。

そこで今回は、新年からできる家計の見直し術について、長年証券会社で勤めた経験を持つ筆者がお金のプロの目線で解説します。

家計の見直しは優先順位をつけて行う

家計を見直すときに大切なことは、支出の中で大きな負担となっている固定費の見直しから行うことです。

続きを読む

お金を貯めるためには、やみくもに家計の見直しをしても大変です。優先順位をつけて行なっていくべきなのです。

固定費とは、収入が増えたか減ったかに関係なく、一定期間(毎月・毎年など)に一定額の支払いが発生する費用のことです。

毎月の固定費として代表的なものには、住宅費(住宅ローン)や保険料、通信料があります。

まずは、この3大支出について見直しを行いましょう。

ではそれぞれの見直しのポイントについて解説します。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011