お金持ちは「セルフイメージの達人」?2021年こそマネしたい、「お金持ちの思考」

fizkes/shutterstock.com

「お歳暮」「クリスマスプレゼント」「交際費」など、年末年始はお金が飛んでいくことが多く、自分の財力のなさに嫌気がさす人もいるかもしれません。20代・30代に向けてキャリアコーチングや対人関係のアドバイスをしている、(株)MEXUS代表の中西 哲則氏によると、頑張っているにもかかわらず収入が増えない人の中には、セルフイメージが低い人も少なくないといいます(※)

そこで今回は、お金持ちになるために、なぜセルフイメージが大切なのかを詳しく見ていきます。2021年は、お金持ち近づけるかも?

続きを読む

お金持ちになるには「プラスのセルフイメージ」が大切

宝くじでも当たらない限り、いきなり大金持ちにはなれません。しかし、お金持ちに近づく努力なら今日からすぐに取り入れられます。その方法のひとつが「セルフイメージ」。

筆者のお金持ちの知り合いは定期的にセミナーを受けたり、意識的に一人時間を設けて今後のライフプランを考えたりしている人がとても多く、セルフイメージによってお金が吸い寄せられているのではと感じさせるほどです。

そこで問題になってくるのは、セルフイメージとは具体的にどのようなことを思い浮かべるのかということ。

セルフイメージにも2種類あります。ひとつは、「やればできる」「きっとできる」「挑戦する価値がある」などのプラスのセルフイメージ。もうひとつは、「どうせ自分にはできない」「きっと失敗するだろう」などマイナスのセルフイメージです。

チャンスを掴み成功するためには、たとえ状況が悪い中でも「プラスのセルフイメージ」を持ち続けられるかどうかが鍵を握っています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

紅茶とヨガとサーフィンと読書が好きな3児の母。子ども英会話教室運営や私立幼稚園の英会話教諭として働いていた経験から、幼児教育や日本の教育体制に強い関心を持つ。長男がADHDであり、発達支援や支援教育についても精通している。今後加速するテクノロジー教育をさらに広めるため、日々発信中!Twitter:広瀬あゆみ