日経平均反落でマザーズ上昇はボックス圏相場からの脱出サインか

【東京株式市場】2016年9月28日

株式市場の振り返り-材料不足の中、配当落ち分を考慮すれば小幅下落

2016年9月28日(水)の主要指標 カッコ内は前日終値比

  • 日経平均株価 16,465円(▲218円、▲1.3%) 反落
  • TOPIX 1,330.7(▲18.4、▲1.4%) 反落
  • 東証マザーズ総合指数 956.6(+11.4、+1.2%) 続伸

東証1部の出来高は16億4,382万株、売買代金は1兆8,211億円(概算)でした。材料不足の中、企業業績への注目度は高まったものの、様子見スタンスを打破するには至りませんでした。ただ、商いは前日より減少しましたが、極端な薄商いではありません。なお、日経平均株価の配当落ち分(約▲110円)を考慮すると、株価指数の下落は小幅に止まったと言えそうです。一方、東証マザーズの出来高は10,385万株、売買代金は995億円となる久々の活況となりました。なお、売買高が1億株超となったのは6月24日の英国EU離脱ショック時以来、約3ヶ月ぶりです。また、売買代金も高水準でした。

続きを読む

金融セクターが総崩れ、決算発表後のニトリHDは大幅上昇に

個別銘柄では、主力株が総じて下落となった中、ファナック(6954)、日本電産(6594)、ブリヂストン(5108)などの上昇が目を引きました。決算発表後の株価動向が注目されたニトリホールディングス(9843)は大きく値を上げています。また、東芝(6502)が年初来高値を更新する大幅上昇となりました。一方、三井住友フィナンシャルグループ(8316)や野村ホールディングス(8604)などの金融株が総崩れとなり、トヨタ自動車(7203)やいすゞ自動車(7202)など自動車株の下げも厳しくなりました。また、コマツ(6301)が3日続落となり、オリンパス(7733)も大きく値を下げています。

新興市場では、そーせいグループ(4565)やCYBERDYNE(7779)など時価総額の大きい銘柄が堅調な値動きとなり、前日に急落したアキュセラ(4589)も反発しました。また、串カツ田中(3547)も小幅続伸となり、Gunosy(6047)は大きく値を上げて引けています。

本日(9月29日)の注目点-材料不足の相場は継続、新興市場に本格的な動きが出るか

その日その日で動きはあるものの、日経平均株価は16,500円を挟んだ狭いレンジで推移しているようであり、いわゆるボックス圏相場と言えます。ボックス圏相場の場合、何かのタイミングによって、そのボックスを抜け出して大きく動き出すパターンが多く見られます。この先、上に振れるのか、下に振れるのか、見極めが重要ですが、市場関係者も判断できないのが実情ではないでしょうか。

29日(木)も材料不足の相場となりそうですが、企業の業績関連ニュースは着実に増え始めています。来週からの本格的な決算発表(2月期、8月期)に備え、先ずは小売セクターの出遅れ銘柄、売られ過ぎ銘柄に注目です。また、決算前に過度に上昇している銘柄にも要注意です。来週からは重要な予定(雇用統計、国内外の企業決算など)も増え始め、再びイベント・ドリブンな株価の動きが予想されます。29日は「休むも相場」を実行してもいいのではないでしょうか。

一方、新興株式市場は、東証マザーズの出来高が久々に1億株超となるなど、動きが出始めた兆候があります。これが単なる兆候で終わるのか、それとも、本格的な資金流入になるのか予断を許しませんが、IPO銘柄の値動きには注目すべきと考えられます。

青山 諭志

ニュースレター

PR

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット動向、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄や投資といった個人の資産運用動向を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。