世代別貯蓄、50代で1000万円超えるワケ

Jeff Thrower/shutterstock.com

きょうだいや親しい友人どうしであっても、「稼ぎ」や「貯金」の話って、しづらいものです。定年までのラストスパートの時期にあたる50代のみなさんの中には、老後を見据えた資産形成の進み具合が気になっていらっしゃる、という方も多いでしょう。

そこで今回は、「50代の平均貯蓄額」が1000万円を超えるその背景にフォーカスしつつ、50代のお金事情について見ていきたいと思います。

給与額がピークを迎える「50代」

私たちにとって、就職、転職先を決める際の大きな決め手となる「年収」。

続きを読む

年収はそれぞれの会社や業界だけでなく、本人の「年齢」によっても左右されます。さいしょに、国税庁が公表している「民間給与実態統計調査(令和元年分)」(2019年)から、各業種の平均給与について、「すべての年齢層」と、「最も平均給与が高い年齢ゾーン」に分けて紹介していきましょう。

業種ごとにみた「平均給与」と「最も平均給与が高い年齢ゾーン」

■建設業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…490万6000円
  • 最も平均給与が高いのは…595万1000円(50~54歳)

■製造業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…513万円
  • 最も平均給与が高いのは…630万1000円(55~59歳)

■卸売業・小売業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…375万9000円
  • 最も平均給与が高いのは…438万5000円(50~54歳)

■飲食サービス業・宿泊業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…259万6000円
  • 最も平均給与が高いのは…327万9000円(40~44歳)
  • 2番目に平均給与が高いのは・・・327万5000円(55~59歳)

■金融業・保険業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…627万円
  • 最も平均給与が高いのは…763万8000円(50~54歳)

■不動産業・物品賃貸業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…423万6000円
  • 最も平均給与が高いのは…606万2000円(50~54歳

■運輸業・郵便業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…435万5000円
  • 最も平均給与が高いのは…499万8000円(55~59歳)

■電気・ガス・熱供給・水道業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…824万2000円
  • 最も平均給与が高いのは…1411万8000円(70歳以上)
  • 2番目に平均給与が高いのは・・・1013万円(50~54歳)

■情報通信業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…598万5000円
  • 最も平均給与が高いのは…834万円(55~59歳)

■学術研究・専門・技術サービス業・教育・学習支援業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…517万5000円
  • 最も平均給与が高いのは…631万2000円(55~59歳)

■医療・福祉業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…400万8000円
  • 最も高い平均給与と「年齢ゾーン」…433万2000円(55~59歳)

■複合サービス業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…411万円
  • 最も平均給与が高いのは…469万5000円(50~54歳)

■サービス業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…359万円
  • 最も平均給与が高いのは…430万円(50~54歳)

■農林水産・鉱業

  • 平均給与(全年齢ゾーン)…296万9000円
  • 最も平均給与が高いのは…363万2000円(55~59歳)

こうみると、「宿泊業・飲食サービス業」「電気・ガス・熱供給・水道業」以外の「最も高い平均給与」の年代は、すべて「50~54歳」「55~59歳」のいずれかとなっています。多くの業界において、50代で給与額のピークを迎えているようすがうかがえました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。