スイッチ販売好調の任天堂が再び年初来高値更新! 日経平均株価は反発

【東京株式市場】 2020年12月16日

copy URL

株式市場の振り返り-日経平均株価は反発、依然としてFOMC結果待ちの模様眺め

2020年12月16日(水)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 26,757円(+69円、+0.3%) 反発
  • TOPIX 1,786.8(+4.7、+0.3%) 反発
  • 東証マザーズ株価指数 1,157.2(▲13.7、▲1.2%) 続落

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,000、値下がり銘柄数:1,083、変わらず:99
  • 値上がり業種数:25、値下がり業種数:8
  • 年初来高値更新銘柄数:62、年初来安値更新銘柄数:7

東証1部の出来高は11億1,010万株、売買代金は2兆1,404億円(概算)となり、いずれも概ね前日並みでした。

特段の材料不足に加え、FOMCの結果待ち(日本時間17日早朝にFRB議長の会見)のスタンスが強くなり、模様眺めムードが続きました。それでも、売買代金は2兆円を維持しています。

続きを読む

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移して反発となりましたが、狭いレンジ内での値動きに止まりました。取引時間中の高値は26,874円(+187円)、安値は26,717円(+30円)となり、値幅(高値と安値の差)は約157円となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで反発となりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。