関西人はケチってホント?世帯年収600万円を境にした東西節約意識の差とは

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で給料が減った方もいるでしょう。なかなか先行きが見えないので、節約意識を持ちたいところ。一般的に「関西人はケチだ」というイメージも持たれがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。

そこで今回は2020年8月に実施された株式会社アスマーク調べの「お金の節約意識に関する調査」を参考にし、東西の節約意識を比べてみましょう。なお、今回の調査は世帯年収を回答した1都3県・2府2県の男女30代~50代既婚者600人です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪市立大学経済学部卒。大学在学中に人材コンサル会社にて大学生へのキャリア支援や企業の採用活動をサポートする営業事務として勤務。大学卒業後にIT会社にてシステムエンジニアとして勤務したのち、フリーライターとして独立。大学生と企業の両面から採用活動に携わった経験を活かしてビジネス関連を中心に幅広いジャンルで執筆活動中。京都の田舎でゆるりと自分らしい生活を大切に。Twitter:https://twitter.com/k_k_kanana