こんなにも違う⁉厚生年金と国民年金、老後にいくらもらえる?

copy URL

厚生年金はどのくらい貰えるのか 

次に、会社員や公務員は国民年金に加え「厚生年金」にも加入しており、その厚生年金保険料は会社と従業員が半分ずつ負担して支払っています。

この厚生年金の年金受給額は、国民年金のように一律給付ではありません。年金を納付している月数、さらには収入によっても大きく変動してくるものになります。先ほどの厚生労働省の調査結果によると、平成30年度末の厚生年金(国民年金分含む)の平均受給月額は、約14万4,000円であることが分かっています。この金額は男女でも大きく差があり、男性の平均受給月額は約16万4,000円、女性は約10万3,000円です。

また一部会社ではさらに年金が上乗せされる「企業年金」を取り入れているところもあります。企業年金とは私的年金の一部であり退職金を会社の外部に積み立てて、運用や管理を行い退職者に支払う仕組みです。公的年金と合わせて、老後の生活を支えるための資金としての役割があり、この年金に会社が加入している場合、会社員は国民年金+厚生年金+企業年金に加入し老後はそれらを受給する形となります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

金融業界・教育業界での職務経験を経て、結婚後はwebライターと大学受験に関する仕事に携わっています。小学校・中学校・高校の第一種教員免許保持者。銀行での勤務経験を活かした年金・貯蓄に関する記事や、探究心強めな性格を活かした生活に役立つ記事を執筆しています。