コロナ禍で減少…夫婦の「おこづかい」と「へそくり」はいくらか

Billion Photos/shutterstock.com

子どものころから毎月渡されるおこづかい。大人になってもこの制度は生きていることでしょう。ただ金額は子どもの頃よりもはるかに大きくなっていて、使い道の自由度も高くなっていますよね。

そのおこづかいについて、スパークス・アセット・マネジメント㈱が行った「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2020」があります。これを参考にしながら、夫婦のおこづかい事情を紐解いていきましょう。

夫婦のおこづかい、決定権は夫にある?それとも妻?

続きを読む

スパークス・アセット・マネジメント㈱が行った「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2020」で、回答者全員(1,000名)におこづかいの金額の決定権が強いのは夫なのか、それとも妻なのかを聞いたところ、「妻のほうが強い」は 39.0%「夫のほうが強い」は 22.9%「どちらも同じくらい」は 38.1%となりました。夫よりは妻の方が決定権が強いのですが、同等の強さとの回答も4割近くになりました。

夫婦の毎月のおこづかい、いくらなの?

毎月自由に使えるお金であるおこづかいの金額ですが、最も多くなったのは「1万円〜3万円未満」で36.4%、次いで「3万円〜5万円未満」で19.4%、「1万円未満」が16.3%となりました。平均では2万7,998円で、2万9,133円が平均だった2019年と比較をすると1,135円減少との結果が出ました。

拡大する

毎月のおこづかいについて(出典:スパークス・アセット・マネジメント㈱の調査より

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
川崎 さちえ

茨城大学教育学部卒。2004年からヤフオク!をスタートさせ、独自のノウハウを構築。現在は、ネットオークションだけではなくメルカリなどのフリマアプリでも実践的なノウハウを研究しつつ、ユーザーとして出品や購入の経験を積む。家計を守る身としての節約術やお得情報、さらに時短につながるようなアイテムにも敏感。高校生と中学生の子どもの母親として、子育てやお金について日々模索中。
All About(オールアバウト)フリマアプリ・ネットオークションガイド:川崎 さちえ Instagram:sachie_kawasaki Facebook:川崎 さちえ