浪費家さんと貯蓄家さんは何が違うのか…年収の何%を貯蓄すれば貯蓄家?

収入が多い人は、当然貯蓄もたくさん持っているはずと考えがちです。でも実際は、稼いでいる割にはそれほど貯蓄のない「浪費家さん」と、収入はそれほど多くなくても堅実に貯蓄を増やしている「貯蓄家さん」がいます。

収入も貯蓄も多いに越したことはありませんが、まずは、しっかり貯められる貯蓄家さんに近づくために、浪費家さんと貯蓄家さんの違いを知っておきましょう。

貯蓄額の理想と現実は?

松井証券が10月に発表した「老後資金に関する調査」(子供と親のいる全国の20~60代の男女、合計800人対象)の中に、「貯蓄の実態」に関するいくつかの設問があります。

続きを読む

まず、現在の世帯貯蓄額と理想の世帯貯蓄額についての回答、そして現実と理想のギャップは以下の通りでした(金額は中央値で集計)。

年代別、理想と現実の貯蓄の差額

拡大する

出所:松井証券株式会社調べ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 中野 令子
  • ファイナンシャルプランナー/コラムニスト

1級ファイナンシャル・プランニング技能士。大手証券会社で約17年勤務。個人と法人向けに金融商品の販売に従事。現在は家業を手伝うかたわら、資産運用や保険のコンサルを行う。毎日の生活の中にあるお金をテーマに「くらしとお金の経済メディア LIMO」に執筆するほか、「女性の老後のためのメディア ミュゲ」の監修者として活動中。難しくて敬遠しがちな金融のしくみについて、わかりやすく説明。プライベートでは2児の母として、奮闘する毎日。