【夫婦のお財布事情】4つの家計管理パターンでみる、「意外なデメリット」とは

どのように管理している?

次に管理の方法ですが、家庭ごとにさまざまなルールがあると思います。ここでは4つに分類して、それぞれのメリット、デメリットをみていきましょう。

①すべての収入を妻(夫)が管理して、お小遣い制にする
②それぞれの財布から一定額を出しあって生活費にする
③費目ごとに支払いを分担する
④夫(妻)が管理して、生活費として一定額を妻(夫)に渡す

①すべての収入を妻(夫)が管理して、お小遣い制にする

専業主婦(主夫)家庭はこのパターンが多いようです。メリットは、家計収支の全体像が把握できるので、任された側は効率よく家計運営ができます。デメリットは、お小遣い制にされた側が、家計について無頓着になることがあります。そうならないようにするためには、お金の話を面倒くさがらずに、互いに報告しあうことが大事です。

②それぞれの財布から一定額を出しあって生活費にする

共働き家庭では多いケースです。一定額を出し合って、共用の財布を作り、そこから生活費を支出します。メリットとしては、自分の収入は自分で管理できるため、経済的に自立した関係でいられます。これは裏を返すとデメリットとなります。相手の収入や資産状況がわからないので、「マイホーム購入時に当てにしていたらほとんど貯蓄がなかった」ということも起こり得ます。

③費目ごとに支払いを分担する

こちらも共働き家庭で見られる方法です。たとえば収入の多い夫が家賃や光熱費などの固定費を出し、妻は食費や日用品などの変動費を出すなど、ルールを決めて家計運営をします。こちらも②と同様、自分のお金は自分で管理できるため、経済的な自立が望めます。デメリットは月によって支出が変わってくるので、分担に不公平が生じたり、家計管理が複雑になってしまうことです。

④夫(妻)が管理して、生活費として一定額を妻(夫)に渡す

あまり多くはないようですが、専業主婦(主夫)家庭であるパターンです。収入を得ている側が、家計全体の管理を行い、日常のお金のやりくりは生活費を渡された側が行います。管理する側が家計管理が得意であり、正当に生活費を渡せるのであれば、この方法は有効です。デメリットは力関係が偏る場合があることです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
石倉 博子

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP認定者。"お金について無知であることはリスクとなる"という信念のもと、子育て期間中にFP資格を取得。難しい制度や専門用語を分かりやすく伝えることを目的として記事を執筆中。趣味は読書とイラストを描くこと。Hatena Blog:お金の勉強をするブログ