定年60代、みんな貯金2000万円は本当か

sorbetto/iStock

copy URL

昨年話題になった2,000万円問題。自分の貯金で老後を無事に過ごすことができるのか、不安に思う方が増えています。

特に、定年を間近に控える60代にとっては切実な問題です。若い世代と比較すると、資産を多く保有していると言われますが、実際はどうなのでしょうか。

本日は、定年前後の60代が貯金をいくら保有しているのかについて、最新のデータを元に、見ていきます。

59歳までの平均貯金額は?

家計に関するデータは、厚生労働省や総務省などが発表するデータで確認することができます。

続きを読む

今回は、総務省統計局が発表する「家計調査(貯蓄・負債編)調査結果」より、2020年10月30日に公表された4~6月期平均結果を元に見ていきます。

下記は、上記の資料より、「世帯主の年齢階級別貯蓄及び負債の1世帯当たり現在高(2人以上世帯)」から、各年齢帯の平均貯蓄額を示したものです。

全年齢階級の平均貯蓄額・・・1,748万円

〈内訳〉

  • ~29歳・・・361万円
  • 30~39歳・・・729万円
  • 40~49歳・・・1,101万円
  • 50~59歳・・・1,678万円

一見すると、順調に貯金額を伸ばしているように見えます。平均の貯金額のとおりに、貯金が増えていけば、老後2,000万円問題もなんとかクリアできそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
土屋 史恵
  • 土屋 史恵
  • 編集者/ファイナンシャルアドバイザー/AFP

神戸市外国語大学卒業後、ジブラルタ生命保険、りそな銀行、東京スター銀行にてリテール営業、法人営業に携わる。遺言信託など資産承継ビジネスに強み、表彰歴あり。現在はこれまでの金融機関勤務経験を活かし、金融サービスを提供する企業でメディアの編集業務などを担当。趣味はバラ栽培、ガーデニングで学生時代から20年以上続けている。AFP(AFFILIATED FINANCIAL PLANNER)、一種外務員(証券外務員一種)等の資格を保有。