敵対的買収報道のニトリHDが下落、島忠は爆騰! 日経平均株価は反発 【東京株式市場】 2020年10月21日

copy URL

東証マザーズ株価指数は3日ぶり反落、売買代金は127日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は1億2,540万株、売買代金は2,802億円となり、いずれも前日より増加しました。依然として個人投資家の投資意欲は堅調であり、売買代金は127日連続で1,000億円を超え、15日連続で2,000億円を上回りました。

ただ、一部主力銘柄に利益確定売りが出たこと等から、株価指数は3日ぶりに反落しました。現在は1,300ポイントを着々と固めていると見られます。

ニトリHDからの敵対買収観測報道で島忠が爆騰、東宝は材料いったん出尽くしで大幅安

日経平均株価の上昇に寄与した上位3銘柄

  • KDDI(9433)
  • ファナック(6954)
  • 信越化学工業(4063)

ニトリホールディングス(9843)が、既にDCMホールディングス(3050)からのTOB実施に賛同している島忠(8184)に対して敵対的買収(TOB)を検討しているという観測報道を受け、島忠が一時+16%高へ爆騰し、終値も+15%高へ迫る爆騰となりました。

一方、ニトリホールディングスは一時+3%高へ大幅上昇しましたが、その後は売りに押されて終値は下落。また、DCMホールディングスは一時▲10%安へ暴落となっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

国立大学卒業後、国内・外資系の金融機関にて23年勤務後に独立。証券アナリストなどの職務を経験し、ファイナンシャルプランナー関連等の金融系資格を多数保有。専門は株式投資、貴金属投資、年金、相続、不動産。