増えるネットバンキング犯罪。サギ師の魔の手からお金を守るには?

「サギの手口」VS「防止策」

犯罪者集団は、銀行口座を自在に操作するためにIDとパスワード、第2パスワードやワンタイムパスワードなどを何とかして取得しようとしてきます。大手ショッピングサイトにそっくりな偽のサイトに誘導されて、買い物をしてるつもりで認証情報を奪われてしまったり、添付メールや違法サイトからウイルスに感染させられて認証情報を盗み取られたり、といった具合です。

では、これらの攻撃に備えるにはどのような手段があるのでしょうか。

銀行が推奨するセキュリティ対策を実践する

取引銀行のサイトには推奨するセキュリティ対策が記述されています。ほとんどの銀行でOSやアプリ、ブラウザのバージョンを最新にすることを推奨しています。また、インターネットバンキング専用の無料ウイルスソフト導入を勧めている銀行もあります。

「公式サイト」かどうかを確認する

ブラウザからネットバンキングをする際は、正しいURLかどうかを確認しましょう。そのためには予め登録したブックマークを利用するといいでしょう。届いたメールやSMSに記載されているURLは「それっぽく」見えても偽サイトに誘導するためのURLかもしれません!

スマートフォンのアプリを使って取引する場合は、最初にアプリをダウンロードする際に公式サイトや公式ストアであるかどうかを確認しましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。